Moscow Matrix

MoSCoW 分析テンプレート

Miro の MoSCoW 分析テンプレートを活用して、プロジェクトに必要な要件を表にまとめ、優先度を把握しましょう。プロジェクトに重要な項目から、効率的に進めていくための整理方法として役立つテンプレートです。

Trusted by 65M+ users and leading companies

walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign

MoSCoW 分析テンプレートとは?

MoSCoW 分析テンプレートは、プロジェクト要件の優先順位を把握するための MoSCoW 手法を簡単に作成することができるテンプレートです。MoSCoW 手法は、Must have(必須)、Should have(推奨)、Could have(可能)、Won't have(先送り)の頭文字です。これら4つの優先順位カテゴリーで、マトリクスの4つのセグメントを構成しています。Must have(必須)項目は、プロジェクトの完了には必須のもの、Should have(推奨)項目は重要だけど必須ではなく、Could have(可能)項目はなくても支障のないもの、Won't have(先送り)項目は、現在のプロジェクトの範囲には含まれないものを示します。MoSCoW 手法は、要件をこれら4つに分類することで、優先順位を見極め、チームでプロジェクトを効率的に進める際に役立ちます。

こんな人におすすめ

MoSCoW 分析テンプレートは、プロジェクトマネージャー、プロダクト開発者、ビジネスアナリストなどの方が、プロジェクトの成果物を確認する際に、このマトリクスを使用して、チームを連携させることができます。チームは、関係者と協力して MoSCoW 手法を使って要件や成果物の重要性を分析してランク付けするので、進捗状況を簡単に把握することができます。

MoSCoW 分析テンプレートの使い方

1. テンプレートの各マトリクスに埋めていく

MoSCoW 分析テンプレートを活用することで簡単に作成することができます。以下を参考に各マトリクスを埋めていきましょう。

Must Have(必須):

プロジェクトの完成に必要な項目です。このカテゴリに該当するタスクかどうかの判断に困った場合は、以下を確認しましょう。このタスクが完了しなくても、製品やサービスは問題なく機能するか?この項目を実施しなくても製品を納品できるか?このタスクを実施しなくても製品やサービスは安全か?このタスクを完了できなかった場合、顧客に影響はあるか?

Should Have(推奨):

次に、プロジェクトを完了するのに必須ではありませんが成功に導くには重要な項目を記入します。このカテゴリの項目はタイムラインに組み込む必要があるので忘れないでください。カテゴリに該当するかの確信が持てない場合は、以下を確認しましょう。このタスクを完了しなければ厳しい状況になるかもしれないが、それでも製品を出荷できるか?このタスクを回避する対処法はあるか?

Could Have(可能):

一般的にはこれらの項目を「なくても支障のないもの」と呼んでいます。サービスをもっとスムーズに実行できる、また製品の見栄えを改善できるかもしれませんが、これらのタスクは重要ではありません。最終的にそのタスクを完了する時間やリソースに余裕があれば、実施すると良いでしょう。もし余裕がなければ、後で計画することができます。マトリクスのこの箇所に該当するかは、以下のことを確認してみましょう。これらのタスクのメリットは何か?メリットがコストを上回るか?こうしたタスクは、タイムラインにどう影響するか?これらのタスクを実施しても、プロジェクトを予定通りに、予算内に完了することができるか?

Won’t Have(先送り):

このカテゴリは、現在のプロジェクトの対象外です。このカテゴリに当てはまるかの判断は以下を確認しましょう。この項目が予算にどう影響するか?チームにこのタスクを完了する処理能力があるか?この項目は顧客に具体的な影響を及ぼすか?誰もがタスクを完了できないことを認めたくはありませんが、Won't Have(先送り)は失敗ではなく、またいつか実施するプロジェクトと考えましょう。

2. 優先順位をもとにアクションを設定する

MoSCoW 分析テンプレートを活用することで、成果物の優先順位が明確になります。次のアクションとしては、優先度が高いものから実行していくためのスケジュールを策定したり、実行者にタスクを与えるなどを進めます。

3. MoSCoW 分析を更新しプロジェクトの現在地をチームで把握する

MoSCoW 分析を一度作成することで、そのプロジェクトにおける優先事項を明確にすることができます。プロジェクトを進める中で定期的にアップデートを行い、順調に進んでいる場合は、Could Haveの項目の優先度を上げるなどの調整も可能です。

MoSCoW 分析テンプレートよくある質問

MoSCoW 手法とはそもそも何ですか?

MoSCoW(モスクォウ、モスクワ)手法は、プロジェクトマネジメントやシステム開発の現場において要件定義の際に優先順位をつけて、要件を整理する手法のことです。

Miroの MoSCoW 分析テンプレートの特徴は何ですか?

Miro の MoSCoW 分析テンプレートは、4つのマトリクスが既に用意されており簡単に作成をすることができます。また、オンライン上で共同編集が可能なため、チームメンバーに共有し常に最新情報を更新し共有することが可能です。

MoSCoW 分析テンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
heart-template-thumb-web
プレビュー
HEART テンプレート
Porters Five Forces Thumbnail
プレビュー
5フォース分析テンプレート
lovebomb-thumb-web
プレビュー
『Love Bomb』アイスブレイクテンプレート
Agile Board Thumbnail
プレビュー
アジャイルボードテンプレート
Features Audit Thumbnail
プレビュー
機能検査テンプレート
4Ps Marketing Mix Thumbnail
プレビュー
4P 分析テンプレート