low-fidelity-wireframes-web

ローファイワイヤーフレームテンプレート

アイデアのスケッチを作成し、製品の「全体像」を共有しましょう。

ローファイワイヤーフレームテンプレートについて

ローファイワイヤーフレームは、ウェブページやアプリ画面のブループリントです。インタラクティブでありながら、製品の実用面や初期イメージも実装可能なワイヤーフレームテンプレートをお探しですか?Miro のローファイプロトタイプがあなたのニーズにお応えします。Miro には、別のワイヤーフレームテンプレートもあります。

ローファイワイヤーフレームは通常、グレースケールです。各フレームのデザインは、基本形状、画像挿入枠、一般的なテキストを用いて、将来のデザインレイアウトをマッピングします。

また、プロダクトチームや UX チームがローファイワイヤーフレームを使用すれば、開発初期段階でノンデザイナーが製品やサービスの開発に参加できるようになります。

ローファイワイヤーフレームの詳細については、引き続き以下をお読みください。

ローファイワイヤーフレームとは何でしょうか

ローファイワイヤーフレームは、製品の具体的な詳細ではなく、「大まかなアイデア」を伝えるのに役立ちます。この大まかなレイアウトをナプキンに描いたスケッチのデジタル版とお考えください。

シンプルな予備設計によって、チームやプロジェクトの関係者は、ユーザーにとって最適なソリューションを迅速に決定することができます。

画面をラベル付きの「ゾーン」または「ブロック」に分割し、ボタン、メニュー、画像、テキスト、見出しなどの要素を画面上のどこに配置するか指定できます。1 つの画面のスケッチは通常、数分で終わります。この画面を「ワイヤーフロー」とリンクすることで、各画面の関係や遷移順序を表示できます。デザイナーもノンデザイナーも、ローファイデザインの段階では、スケール、グリッドシステムへの適合、ピクセルパーフェクトの実装などについて心配する必要はありません。

ローファイワイヤーフレームの活用方法

ローファイワイヤーフレーム シリーズなら、素早く簡単な表現が可能なため、チーム、顧客、関係者に初期段階のアイデアを説明するには最適です。

ローファイワイヤーフレームは、次のような用途に使用できます。

  • ミーティングやワークショップで、チームのアイデアをスケッチして視覚化します

  • プレゼンテーションで、開発中の製品のアイデアを素早く共有します

  • 製品開発の情報アーキテクチャ段階で、ユーザーフローに焦点を当てます

  • 批評会議で、率直で実用的なフィードバックや、大まかなアイデアの方向付けを視覚化します

開発段階のできるだけ早いうちにコンセプトを検討することは、土壇場での変更や費用のかかる後退からチームを守るだけでなく、製品の改善や改良にも役立ちます。また、チーム全員に声をかけて、問題への様々な対応を一緒に検討することもできます。

独自のローファイワイヤーフレームを作成します

独自のローファイワイヤーフレームは簡単に作成することができます。Miro のホワイトボードツールは、ローファイワイヤーフレームを作成し、共有するには最適なキャンバスです。まず、ローファイワイヤーフレームテンプレートを選択しましょう。その後、以下の手順に従ってローファイワイヤーフレームを作成します。

  1. チームにリサーチノートやアイデアを追加するよう依頼してください。 また、思いついたアイデアも付箋に追加してもらいます。ボードのデフォルト設定に慣れ、新たなソリューションについて考え、いろいろな質問をしてみましょう。チーム全員で課題の解決策を見直して、その結果を反映してからスケッチを始めます。

  2. 「クレイジーエイト」方式で、初期の大まかなアイデアをスケッチしましょう。クレイジーエイト方式では、チーム全員が 8 分間で 8 種類のアイデアを手早くスケッチします。1 分あたり 1 枚のワイヤーフレームをスケッチすることになります。ここでの目的は、完璧さを捨てて、できるだけ早くアイデアを画面に入力することにあります。Miro のワイヤーフレームライブラリでは、15 種類以上の UI コンポーネントを使用して、ローファイソリューションを作成することができます。

  3. 最良のアイデアを基に、ソリューションのスケッチや「ワイヤーフロー」を作成しましょう。 利用可能な独立したスケッチがいくつかできたので、(細部にこだわらずに)コンテキストを追加してみましょう。視覚的なデザインではなく、ページごとまたは画面ごとの情報アーキテクチャ(基本構造)に焦点を当てます。テキストボックスや付箋を使用し、各画面にラベルを付けて、「ランディングページ」>「製品について」>「ショッピングカートのチェックアウト」のようにストーリーを作ります。

  4. チームでソリューションを評価します。10 分程度ですべてのソリューションを確認し、Miro の投票ツールを使用して最も気に入ったスケッチに投票します。これで、どのアイデアが優れているか一緒に決めることができます。また、ワイヤーフローについて話し合うことで理解を深めたり、質問したり、様々なスケッチからパターンや共通のアイデアを見つけたりすることもできます。

Low-fidelity Wireframe Template FAQs

ハイファイワイヤフレームとは?

ハイファイワイヤーフレームは、ローファイワイヤーフレームよりも視覚的でインタラクティブなものです。ローファイワイヤーフレームとは異なり、ハイファイワイヤーフレームは、実際のコンテンツ、コピー、画像、ブランディング要素をすべて含みます。そのため、ユーザーエクスペリエンスのインサイトを獲得するためのテストに活用することができます。また、アプリやウェブサイトの技術的な側面について、より詳細な情報を発見することもできます。より高度なデザインであるため、制作プロセスの高度な段階に最も適しているワイヤフレームです。

ローファイワイヤーフレームテンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
Weekly Planner Thumbnail
プレビュー
週間スケジュール用テンプレート
Cost Benefit Analysis Thumbnail
プレビュー
費用便益分析テンプレート
social-media-calendar-thumb-web
プレビュー
ソーシャルメディアカレンダー テンプレート
Whats on your Radar Thumbnail
プレビュー
優先順位付けレーダーテンプレート
5 Whys Thumbnail
プレビュー
なぜなぜ分析テンプレート
Strategy Map Thumbnail
プレビュー
戦略マップテンプレート