Design Brief

デザインブリーフテンプレート

競争市場と、それに対する企業のポジションの把握にしますデザインブリーフテンプレートを活用しましょう。

Trusted by 65M+ users and leading companies

walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign

デザインブリーフテンプレートについて

デザインブリーフテンプレートを使用すれば、デザインプロセスをスムーズに進めることができます。新しいデザインの目標は何ですか?予算はどれくらいですか?タイムラインはどうなっていますか?プロジェクトの対象範囲は?デザインブリーフでは、デザインチームやデザイン会社に対してこれらのパラメータを提示します。

デザインブリーフとは?

デザインブリーフは、企業とデザイン会社間の橋渡し役を担います。この資料を使用すれば、企業はデザイン会社やチームにニーズや要望を伝えることができます。企業が採用するデザイン会社を決定したら、通常マーケティングチームのメンバーが、デザインブリーフを作成します。包括的なデザインブリーフは、デザインのプロセスを導くのに役立ち、デザイナーが実行する必要があることを伝え、制約に関して詳細に説明することができます。

デザインブリーフテンプレートの使い方

企業は、デザイン会社と交流の機会が多くなると思われます。デザイン会社を採用して、ウェブサイトまたはランディングページを作成することになります。または、デザイン会社を採用して、サイトやマーケティング資料のブランドを完全に変更する場合もあります。プロジェクトの規模にかかわらず、デザイン会社と効果的に取り組むためには詳細なマーケティング計画が必要です。

ステップ 1:

まず目標について議論しましょう。デザイン会社にどんなことを実行してもらいたいですか?ウェブサイトの整備や新しいロゴのデザインをしてもらいたいですか?サイトをどう見せたいか正確に把握していますか、またデザイン会社にリサーチやアイデアの提示をしてもらいたいですか?こうした情報についてすべて前もって提示してください。そうすれば、デザイン会社がプロジェクトの基盤を構築することができます。

ステップ 2:

デザイン会社に予算とタイムラインを提示します。デザイン会社では、たいてい複数のプロジェクトを同時にこなしています。プロジェクトを予定通り、優先順位に応じて完了させることができるよう、リソースと時間の制約を現実的に見積もり、提示しましょう。会議の前にウェブサイトの立ち上げを検討していますか?製品リリースに合わせて、ランディングページを作成しようとしていますか?作業の予算は限られていますか?これらの情報をデザイン会社に伝えましょう。

デザインブリーフのこの部分は、デザイン会社との会話のきっかけになります。タイムラインや予算が現実的ではない場合、非常事態計画の作成に間に合うよう、そのことを伝えることができます。予想していたものより予算が高過ぎる、またはプロジェクトが簡単すぎる場合、最終的には時間やコストを節約することができます。しかし、ブリーフにこの情報が記載されていなければ、デザイン会社はこうした会話をすることができません。

ステップ 3:

ターゲットオーディエンスを加えます。デザインチームは、取り込みたいオーディエンスに応じてさまざまな選択をすることになります。例えば、高校生向けにデザインするウェブサイトは、CISO 向けにデザインするウェブサイトとは大きく異なることになります。オーディエンスについてはっきりと決まっていない場合は、顧客の理想像について説明します。これは、競合他社を参照するのに役立つこともあるので、デザイン会社はある程度リサーチをすることができます。

ステップ 4:

プロジェクトの対象範囲を提示します。デザインチームは、顧客をサポートするために、より明確なパラメータが必要になります。顧客はカスタムロゴを希望していますか、それともデザイン会社に既存のテンプレートやデザインを基に作成して欲しいと考えていますか?ショッピングカートで購入を完了させるオンラインストアを希望していますか、あるいは製品に関する情報を提示したパンフレットサイトを考えていますか?

この範囲を定義する際には、ソーシャルネットワーク機能やブログの統合についても考えてみましょう。これは、顧客、オーディエンス、クライアントに対して包括的な体験を生み出すチャンスです。デザインブリーフでこうした体験引き出しましょう。

ステップ 5:

利用できる資料を提示します。オンラインコンテンツ用に使用している写真素材集が既にあるかもしれません。また、ロゴ、パンフレット、製品の写真があるかもしれません。デザイン会社にこうした素材を披露すると、会社の美的観念の洞察を得るのに役立ちます。

ステップ 6:

スタイルガイドを作成します。スタイルガイドは、ナレーションのようなものですが、媒体は文字ではなく、視覚的なものです。これは、オーディエンスに話しかけるスタイルで、デザイン会社のウェブサイトのサンプルを提供するのに役立ちます。好みの色彩や、オーディエンスに体験してほしい雰囲気を伝えましょう。顧客にブランドと関連付けてもらいたい形容詞や感情について説明します。

ステップ 7:

禁止事項のリストを作成します。サイトに使用してほしくない機能、避けたい色やフォント、または製品に不向きなレイアウトがあれば、デザインブリーフに記載しておきます。

デザインブリーフテンプレートよくある質問

なぜデザインブリーフを書くのですか?

デザインブリーフを作成すると、自社とデザイナーとの効果的なパートナーシップが確実に取れるようになります。会社とデザイナーがプロジェクトに携わっている場合は、プロジェクトの大小を問わず、デザインブリーフを書く必要があります。デザインブリーフがあれば、デザイナーはプロジェクトの概要を理解できるようになるため、プロジェクトを迅速に、期限内に、そして仕様に従って提供できます。つまり、クオリティーの高いデザインブリーフがあれば、会社とデザイナーの時間とコストを節約することができるのです。

デザインブリーフテンプレートはどんな時に使用されますか?

デザインブリーフテンプレートは、新しいプロジェクトのデザインブリーフを作成する際はいつでも使用できます。このテンプレートを使用して、プロジェクトの範囲、予算と時間の制限、自分の好むスタイルなどを概説できます。

なぜデザインブリーフは重要なのですか?

デザインブリーフは、あらゆるクリエイティブなプロジェクトの基礎です。包括的なデザインブリーフは、事業計画や一括管理された情報源としての役割を果たします。企業や機関は、プロジェクト全体を通じてデザインブリーフを参照し、全員が軌道に乗っていることや、予算内に収まること、そしてタイムラインに従って成果を上げることを確実にできるのです。

デザインブリーフテンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
Competitive Analysis Thumbnail
プレビュー
競合分析テンプレート
Stakeholder Map Thumbnail
プレビュー
ステークホールダーマップテンプレート
MONTHLY SCHEDULE -web
プレビュー
月のスケジュールテンプレート
Brand Guidelines Thumbnail
プレビュー
ブランドガイドラインテンプレート
creative-brief-thumb-web
プレビュー
クリエイティブブリーフテンプレート
User Story Map Framework
プレビュー
ユーザーストーリーマッピングテンプレート