research-topic-brainstorm-web

リサーチトピックブレインストーミングテンプレート

リサーチ目標やアイデアをまとめて関係者に報告しましょう。

リサーチトピック ブレインストーミング テンプレートについて

UX リサーチプランを承認する前に、リサーチで使用する質問が正しいものかどうかを確認する必要があります。チームとリサーチトピックをブレインストーミングすれば、発案からテストに至る設計プロセスの様々な段階をスムーズに進めることができます。

関係者への聞き取り調査でも、ユーザーグループとのやり取りでも、正しいトピックに集中し、有用なインサイトにつながる質問を選択する必要があります。顧客を理解し、その情報を知的で刺激的なソリューションに変換します。そのためには、まず、チーム内で調査する価値のある対象をブレインストーミングします。

リサーチトピックブレインストーミングに関する詳細については、引き続き以下をお読みください。

リサーチトピックブレインストーミングとは何でしょうか

リサーチトピックブレインストーミングは、パートナーシップの機会や、初めての体験といったトピックに基づいて、関係者やユーザーへの聞き取りで使用する質問を作成するのに役立ちます。

アンケート調査で、以下が明確になるような質問をブレインストーミングすることが理想です。

  • ユーザーリサーチの目的:どんな質問に答えようとしていますか?この設計段階で知っておくべきことは何でしょうか?

  • ユーザーリサーチの仮説:すでに知っていることを教えてください。どのようなことを想定していますか?ユーザーの行動や、満たされていないニーズを埋めるための潜在的なソリューションについて、あなたは何を理解していると思いますか?

  • ユーザーリサーチ方法の選択:知識のギャップを埋めるにはどうすればいいでしょうか?利用可能なリソースに基づいて、どのような方法を選択しますか?

上記の 3 つのステップを実施して、ブレインストーミングセッションで大量の質問を生み出しましょう。UX リサーチプランには、3 ~ 5 の優先順位をつけたリサーチに関する質問を含めるようにします。

リサーチトピックブレインストーミングの活用方法

リサーチトピックブレーンストーミングは、ユーザーリサーチの初期段階で行われ、リサーチの基礎を築き、インスピレーションやアイデアを生み出し、ユーザーのニーズにより適切に対応し、設計の選択を評価することができます。

リサーチトピックブレーンストーミングは、 UX リサーチャーに以下に示すメリットをもたらします。

  • 5W1H(「When(いつ)」「Where(どこで)」「Who(だれが)」「What(なにを)」「Why(なぜ)」「How(どのように)」)を基に質問を組み立てて、チームが様々なインサイトに満ちた質問を作り出せるようにします(ただし、リサーチの目的を明確にすることを忘れないでください)。

  • すぐに回答が必要な質問と、後で回答を得る方が価値のある質問に優先順位をつけます。

  • 仮説を外部化して、外部からのバイアス(クライアントやチームによる影響など)を最小限に抑えます。

  • 目的の達成に適したリサーチ手法を選びます。

  • 初期の仮説を用いて、調査中に実際に発見したことを実証し、比較します。

独自のリサーチトピックブレインストーミングを作成します

独自のリサーチトピックブレーンストーミングは簡単に作成することができます。Miro のホワイトボードツールは、それらを作成し、共有するための最適なキャンバスです。まず、リサーチトピックブレインストーミング テンプレートを選択することから始めましょう。その後、以下の手順に従ってリサーチトピックブレインストーミングを作成します。

  1. 主要なリサーチエリアを定義します。新しい機会を得るため、別なビジネスエリアのパートナーを探したいですか?新しいユーザー向けに、アプリのオンボーディングフローを改善したいですか?チームでリサーチする価値があると思われるトピックを 1 ~ 4 つ選びましょう。

  2. 各リサーチトピックに関連する質問をブレインストーミングします。まずは数を重視し、次に質と影響度で優先順位をつけます。批判は気にしないでください。このリサーチ ブレインストーミングは、制限時間を設けて(タイマー機能をお使いください)、ビジネス目標とユーザー要求に結び付けて行います。

  3. リサーチや知識のギャップを特定します。ブレインストーミングで欠けていたものは何ですか?すでに知っていることを教えてください。欠けている要素も付箋紙に書き出します。

  4. 関係者やチームメンバーにフィードバックを求めてください。。好みの方法で(Slack やメールで、編集用の招待を公開リンクで共有するなど)、Miro のボードにコラボレーターを招待します。

  5. 優先順位の高いリサーチの質問を UX リサーチプランに追加します。優先順位の高いリサーチの質問は、UX リサーチプランで重要なセグメントを形成するため、付箋にコピーして、プランを更新します。

リサーチトピックブレインストーミングテンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
Mood Board Thumbnail
プレビュー

ムードボードテンプレート

活躍するシチュエーション:

デザイン, ブレインストーミング, アイデア出し

クリエイティブなプロジェクトを始める際には、表現しようとしているムードを伝えることが重要ですが、言葉でそれを行うのは非常に困難です。そのため、ムードボードを作成し、画像、カラーパレット、テクスチャ、タイポグラフィを使用します。ムードボードは、インスピレーションを集め、アイデアのスケッチを提案するのにも最適です。デザイナーだけではなく、コンテンツライター、営業チーム、プロダクトチームも、使用することができます。このテンプレート使用すれば、すべてのユーザーが手軽に始めることができます。

ムードボードテンプレート
4Ps Marketing Mix Thumbnail
プレビュー

4P マーケティングミックステンプレート

活躍するシチュエーション:

Marketing, Brainstorming, Workshops

製品、流通、プロモーション、価格このテンプレート、つまり 4 つの要素を使うようにして、製品やサービスを市場に投入する際の最適な方法を選ぶことができます。その秘訣は、各要素の適切なバランスを作り上げること、つまりそれぞれの P が投資やアテンション、リソースの面でどれだけ必要なかを判断することにあります。それによって自社の長所が生かされ、市場に適応し、パートナーとコラボレーションができるようになります。Miro の使いやすいホワイトボードツールは、マーケティングミックスを作成し、チームや組織全体で共有するのに最適なキャンバスです。

4P マーケティングミックステンプレート
kano-model-thumb-web
プレビュー

狩野モデルテンプレート

活躍するシチュエーション:

デスクリサーチ, プロダクト管理, 優先順位付け

製品の成功は、その製品が提供する機能とお客様に与える満足度によって決まります。では、どの機能が最も重要なのでしょうか?狩野モデルがその判断を手助けします。狩野モデルは、ある機能がもたらす満足度と実装コストを比較して、全機能に優先順位を付けるシンプルで強力な手法です。このテンプレートを使えば、標準的な狩野モデル(2 軸(満足度と機能性)と、魅力、性能、無関心、当たり前という 4 つの値による象限)を作成できます。

狩野モデルテンプレート
CustomerJourneyMap-thumb-web
プレビュー

カスタマージャーニーマップテンプレート

活躍するシチュエーション:

アイデア出し, マッピング, プロダクト管理

カスタマージャーニーマップとは、特定のペルソナを元に顧客体験を視覚化するためのフレームワークであり、顧客が製品・サービスと出会い、購入に至るまでの経緯を視覚的に把握することに役立ちます。顧客のニーズや体験を深く知ることで、ターゲットセグメントに響く製品やサービスの提供が可能となるだけではなく、顧客ロイヤリティの向上やシェアの範囲を持続的に拡大することができるようになります。カスタマージャーニーマップテンプレートを使用することにより、いつでもあっとい間にカスタマージャーニーマップの作成を開始することができます。

カスタマージャーニーマップテンプレート
experiencemap-thumb-web
プレビュー

エクスペリエンスマッピングテンプレート

活躍するシチュエーション:

Desk Research, Mapping

エクスペリエンスマップテンプレートを使用して、顧客のニーズと要求に応じた製品計画を策定しましょう。製品開発とブランディングに顧客中心のアプローチを導入します。

エクスペリエンスマッピングテンプレート
user-flow-thumb-web
プレビュー

ユーザーフロー図

活躍するシチュエーション:

デスクリサーチ, フローチャート, マッピング

ユーザーフロー図は web サイト上の各ページでユーザーが体験する要素を「見える化」した図形です。ユーザーフローをマッピングすることにより、web サイトの構成やアプリの機能、ユーザーがサイト上の各ページで実行する行動、意思決定プロセスを事前に予測することができるようになります。ユーザーフロー図を通してユーザーに対するインサイトを深めることにより、web サイトを最適化するためのタスクの判断や、web サイト上でのサービス改善に必要なプロセスを特定することが可能です。Miro の無料で使用できるユーザーフロー図を活用し目標を達成しましょう。

ユーザーフロー図