to-do-list-web

ToDo リストテンプレート

ToDo リストテンプレートを作業内容の整理や見える化、優先順位付けに活用して生産性を向上しましょう。

ToDo リストテンプレートについて

ToDo リストテンプレートはシンプルですが、効果的なツールであり、大きなタスクを具体的なステップに分割することに役立ちます。ToDo リストテンプレートを使用することにより、個別の日常タスクからより大きなグループ目標まで効率的に計画することが可能です。

チームでのタスクの計画や優先順位の設定に、いつでも ToDo リストが活躍し、タスクを具体的なステップに分割することにより、目標達成までの道筋を明確化することができます。

ToDo リストは、日常的なタスクからより難しいタスクに至るまで、タスクを整理するのに最適な方法です。Miro の ToDo リストテンプレートをチームでの計画作業に活用しましょう。

ToDo リストテンプレートの使い方

まずは Miro のオンラインホワイトボードにプロジェクト完了に必要なタスクをリストアップしましょう。次に、タスクを色分け、または緊急性に応じて整理して優先順位付けすることができます。また、Miro では画像やビデオ、資料などの他のファイルをボードにアップロードして、情報をすべて 1 か所で保管することができます。

ToDo リストテンプレートの使い方を下記で見ていきましょう。

  1. 期日を設定する:実行する必要があるタスクのリストを作成して、コンピューターに保存しておくのは簡単です。タスクの完成を促すために、リストの各項目に期日を設定するようにしましょう。これにより、マイルストーンを把握して集中することができ、すべてのタスクが完了したことを確認しやすくなります。付箋などを使用することにより、期日をハイライトすることもできます。

  2. 優先順位に基づいてリストを並べ替える:各タスクに具体的な期限が設定されていない場合は、緊急性に応じて、リストを分類することもできます。より緊急性の高いタスクを上に持ってきて、下に向かって作業していきます。

  3. リストを見直す:一日の始まりまたは終わりに、リストを確認します。新たにニーズが高まれば、項目を移動させましょう。時間をかけて、項目を確認します。

  4. 作業を 3 ~ 5 個に制限する:多くの人が 10 個または 12 個ほどのタスクで巨大な To Do リストを作成する傾向にあります。多くのタスクを ToDo リストに詰め込んでしまうと、結局どのタスクから処理するべきなのかわからなくなります。処理可能な仕事量に制限して、一日または一週間でやり遂げられる 3 ~ 5 個のタスクに絞り込むようにしましょう。

  5. チームとリストを共有する:完成した ToDo リストをチームと共有することで認識合わせに役立ちます。リストを共有することで、プロジェクトに関わるすべてのメンバーが作業の全体像を知ることができ、プロジェクトの生産性を向上することができます。

Miro の ToDo リストテンプレートは本ページ「テンプレートを使用する」のボタン、または Miro ボード内のテンプレートライブラリからボードに追加していただくことができます。

業務の効率化や見える化、タスクの整理に ToDo リストテンプレートを活用しましょう。

ToDo リストテンプレートよくある質問

Miro の ToDo リストテンプレートは無料ですか?

Miro では無料のテンプレートを使用して ToDo リストを簡単に作成していただくことができます。無料アカウント(Free プラン)を作成する時のクレジットカードの登録も必要ありません。

最大いくつのアイテムを ToDo リストに追加できますか?

いくつでも ToDo リストに追加することができますが、リソースの状況と締切日を考慮することを忘れないでおきましょう。一般的には、1日に3〜5つのタスクをこなすことをお勧めしますが、タスクの内容や所要時間、難易度によって ToDo リストの内容は異なります。

ToDo リストとタスクリストの違いは何ですか?

ToDo リストとタスクリストに大きな違いはありません。どちらのリストもある一定の期間までに完了させる必要のある特定のタスクを示していますが、一般的にタスクリストとは、特定のプロジェクトに関して使われる言葉です。

関連テンプレート
Cross-Functional Flowchart Thumbnail
プレビュー

複数部門間のフローチャートテンプレート

活躍するシチュエーション:

Flowcharts, Org Charts, Business Management

プロジェクトの全員に素早く目を通し、全員が貢献できることを正確に把握しましょう。これは、複数部門間の役割を明確かつ分かりやすく示したフローチャートです。またこれは、各メンバー(お客様、クライアント、特定の業務の担当者)がレーンに割り当てられているため、「スイムレーン」フローチャートとも呼ばれています。この明確なラインによって、プロジェクトの各段階における役割を視覚化することができます。このテンプレートでは、プロセスを合理化し、非効率性を削減した、複数部門間の有意義な関係を構築することができます。

複数部門間のフローチャートテンプレート
growth-experiments-thumb-web
プレビュー

グロースエクスペリメントテンプレート

活躍するシチュエーション:

Leadership, Desk Research, Strategic Planning

多くの野心的な企業が未来を見据え、成長を目指しています。しかし、成長のための決断は、リスクとコストのかかる大きな賭けとなる可能性があります。だからこそグロースエクスペリメントが非常に有効なのです。グロースエクスペリメントは、6 つの体系的なステップで構成され、最も効果的な戦略の把握、それらの収益への影響、過去の取り組みとの比較を提供します。ビジネスの拡大に完全にコミットする前に、その戦略をテストすることで、時間、リソース、資金の大幅な節約につながります。

グロースエクスペリメントテンプレート
Features Audit Thumbnail
プレビュー

機能検査テンプレート

活躍するシチュエーション:

Desk Research, Product Management, User Experience

新機能を追加するか、既存機能を改善するか、製品を改善するには 2 つの方法があります。どちらを選ぶべきでしょうか?機能検査はこの決断をサポートします。この使いやすく強力なプロダクト管理ツールを使用すれば、あらゆる機能を検査する方法を見出すことができます。検査結果をまとめ、単に機能していない機能について詳細な議論をすることができます。これにより、機能の認知度や利用頻度を高めるような対応を取るべきか、機能を完全に削除するべきか、決断することができます。

機能検査テンプレート
Action Plan Thumbnail
プレビュー

アクションプランテンプレート

活躍するシチュエーション:

教育, プロジェクト管理, プロジェクト計画

アクションプランは、英語で「Action Plan」と書かれ、日本語で「行動計画」と訳すことができます。その意味が示す通りアクションプランは、中長期的なビジネス戦略や目標を立てる際に、その目標を達成するために必要不可欠となるタスクやプロセスの計画やこれらが実現可能であるかどうかの判断を下すことに役立つフレームワークです。現代のビジネスパーソンにとって、複数のプロジェクトや事業を受け持つことが当然のこととなってきています。そんな時にアクションプランは、異なるタスクや計画の管理に非常に便利であり、事業推進や組織成長を実現するために非常に重要なフレームワークとなります。このテンプレートは、SMART アクションプランを作成することに役立ちます。SMART は、Specific(具体的な)、Measurable(測定可能な)、Actionable(実行可能な)、Realistic(現実的な)、Time-bound(時間制約がある)の頭文字を取ったものです。

アクションプランテンプレート
team-meeting-agenda-thumb-web
プレビュー

チーム会議アジェンダテンプレート

活躍するシチュエーション:

チームミーティング, ドキュメンテーション, ワークショップ

意思決定、優先順位の調整、方向性を共有するためには、チームの時間を作ることが重要です。チーム会議のアジェンダは、チームとの情報共有やコラボレーションが必要なときに、割り当てられた時間枠にスケジュールと構成を追加することができます。アジェンダは、目標、議題、アクションアイテム、次のステップの進行役を決定するようチームに促します。アジェンダに従って会議を円滑に進めることで、OKR による進捗状況の確認、最新情報の共有、障害に対する話し合い、アイデアのブレインストーミングが容易になります。

チーム会議アジェンダテンプレート
Project Status Thumbnail
プレビュー

プロジェクトステータスレポート用テンプレート

活躍するシチュエーション:

プロジェクト計画, 戦略プランニング, プロジェクト管理

プロジェクトステータスレポートは、簡潔でタイムリーなドキュメントで、プロジェクトの関係者は何が、なぜ起きているかを把握し、情報を共有することができます。このドキュメントを作成し、チームメンバーを加え、タイムリーで適切なレポートを作成することもできます。プロジェクトステータスレポートでは、プロジェクト計画とプロジェクトの現状を比較することが理想的です。このレポートでは、問題が発生しても、目標を達成する方法を高レベルで追跡します。また、予算やガバナンスを管理する重役レベルのオーディエンスも読む可能性が高く、重要な問題に集中してレポートを作成するのに役立ちます。

プロジェクトステータスレポート用テンプレート