Project Kick-off

プロジェクトキックオフテンプレート

プロジェクトキックオフミーティング用テンプレートを使って、最初から全員の認識を合わせ、簡単にプロジェクトを管理しましょう。

プロジェクトキックオフミーティング用テンプレートについて

プロジェクトキックオフミーティング用テンプレートを使用することで、プロジェクトマネージャーがプロジェクトの開始からチームを簡単に連携することができ、プロジェクトがスムーズに、効率よく実行されるよう、期待値や次のステップを明確に定義します。このテンプレートは、プロジェクトのマニフェストを作成するのに最適で、関係者全員が、プロジェクトの目的、コアバリュー、作業方法をいつでも確認することができます。

プロジェクトキックオフミーティング用テンプレートの詳細については、引き続き下記をご確認ください。

プロジェクトキックオフミーティング用テンプレートとは?

プロジェクトキックオフミーティング用テンプレートには、プロジェクトキックオフミーティングを成功させるために実行する以下の 7 つのステップやアクティビティが用意されています。

  1. プロジェクトの導入 + ミーティング主催者

  2. アイスブレーカーのアクティビティ

  3. 会議の目標とトピック

  4. プロジェクト RACI

  5. 質疑応答

  6. プロジェクト計画ボード

  7. アクションアイテムの概要 + 次のステップ

これは、プロジェクトのキックオフミーティング用チェックリストに類似しています。このチェックリストでは、プロジェクトを実行し、役割と責任についてチームやプロジェクトの参加者と連携するために必要なあらゆるステップや、協力してお互いにコミュニケーションをとる最適な方法を定義します。

プロジェクトキックオフミーティング用テンプレートは、信頼できる情報源としても機能し、プロジェクトの情報やガイダンスを検索する際には、いつでもこのテンプレートを参照することができます。

プロジェクトキックオフミーティング用テンプレートの利用対象者

このテンプレートは、新しいイニシアティブを始めるプロジェクトマネージャーに適していますが、プロジェクトの関係者も利用することができます。このテンプレートは、プロジェクトの目的、RACI、各参加者の次のステップを 1 か所の共有スペースに整理するので、新しいプロジェクトを始める複数部門のチームにも適しています。

プロジェクトキックオフミーティング用テンプレートの使用方法

このテンプレートは、7 つのアクティビティ(またはフレーム)を含むフレームワークであり、スムーズに、効率良くプロジェクト会議をリードすることができます。以下の手順に従ってこのテンプレートを使用し、プロジェクトキックオフミーティングを開催します。

  1. プロジェクトの導入 + ミーティング主催者:ここでは、プロジェクトだけでなく、自分自身や、プロジェクトの管理担当者を紹介します。これは、自分の役割と、連絡方法を説明する素晴らしい機会です。

  2. アイスブレーカーのアクティビティ:アイスブレーカーという「コラボレーションに関する 1 語」によって、全員が参加できるようにし、プロジェクトの参加者たちが最高のコラボレーションを実現する方法を示します。

  3. 目標とトピック:ここは、プロジェクトの目標や開始時に実施していること、プロジェクトやチームが、後で確認するのに役立つ参考資料やコンテンツを追加するスペースです。

  4. プロジェクト RACI:最も重要なステップの 1 つである RACI(役割、説明責任者、協業先、報告先)は、誰が何をどのように担当するかを定義します。これにより、チームは、適切な関係者と情報を共有し、より効果的にコミュニケーションを取ることができます。

  5. 質疑応答:質問できる場を設け、しっかりと耳を傾けましょう。チームのペインポイントに注意し、重要な問題に対処するようにします。少なくとも、この段階では、懸念が解消されることが重要です。

  6. プロジェクト計画ボード:ここから作業を始めます。このプロジェクト計画ボードを使用すれば、チーム、アクションから、関係性やリスクまで、プロジェクトに必要なことを全てリストアップすることができます。チームを招待して、アイデアを追加し、プロジェクト計画を共同作成しましょう。

  7. アクションアイテムの概要 + 次のステップ:会議をまとめ、プロジェクトキックオフのチェックリストを作成するには、次のステップのタイムラインやプロジェクトを開始する際に役立つその他リソースを追加します。

Miro の無限大のホワイトボードを使用すれば、必要な数のリソースやファイルを追加することができるので、データ制約を受けることなく、プロジェクトキックオフミーティングを自由に開催できます。チームメンバーは、常に活用するドキュメントとして、プロジェクトキックオフボードに簡単にアクセスし、いつでも更新することができます。

プロジェクトキックオフミーティング用テンプレートよくある質問

プロジェクト キックオフ会議に含まれる内容は何ですか?

プロジェクトを成功に導くために必要なものすべてが含まれています。プロジェクトの主要目的の確立と RACI により、メンバー全員が自らの役割と、なすべきことを理解することができます。また、プロジェクト キックオフ会議は、プロジェクトの実行方法を明確にします。ベスト プラクティスとして最後にプロジェクトのキックオフ チェックリストを作成し、フォローアップ セッションの予定を組んで、プロジェクトの進行状況を把握できます。

プロジェクトのキックオフ会議の参加対象者は誰ですか?

プロジェクトのキックオフ会議では、プロジェクト メンバー全員と主な関係者(プロジェクトの結果と成果を報告するべき人物)を招待することが重要です。このテンプレートは、関係するすべてのチーム(開発、デザイン、コンテンツ、マーケティング、製品など)や参加者をリストアップするのに役立ちます。判断に迷う場合は、実際の会議の前に連絡を取り、参加するのに適した人物か確認してください。会議では、RACI を行い役割や責任を定義することが重要です。そうすることで、全員の意識を合わせることができます。

プロジェクトキックオフテンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
Project Scope Thumbnail
プレビュー

プロジェクトスコープテンプレート

活躍するシチュエーション:

プロジェクト管理, 意思決定, プロジェクト計画

プロジェクト範囲は、プロジェクトの目標、成果物、機能、役割、タスク、コスト、期限を計画し、確認するのに役立ちます。プロジェクトマネージャーやチームは、プロジェクトが進むにつれて、スケジュールとコスト両方に直接影響するので、プロジェクト範囲をできるだけ早く作成する必要があります。プロジェクトスコープは、チームや目的によって異なりますが、通常、目標、要件、主要な成果物、前提条件、制約が含まれます。プロジェクトスコープを作成する際には、チーム全体を含めることを目指し、責任や期限に関して全員の認識を合わせましょう。

プロジェクトスコープテンプレート
Start Stop Continue Retrospective Thumbnail
プレビュー

スタート、ストップ。継続的なふりかえりテンプレート

活躍するシチュエーション:

ワークショップ, ミーティング, ふりかえり

フィードバックを与え、受け取ることは、時に困難だったり、威圧感を伴ったりします。四半期前、1 週間前でさえ、過去をふりかえって「良い」 / 「悪い」の判断を下すことは困難なことです。スタート、ストップ、コンティニュー フレームワークは、チームが最近の経験を簡単にふりかえることができるように作られたものです。スタート、ストップ、コンティニュー テンプレートは、チームが始めるべきこと、やめるべきこと、続けるべきことを具体的に検討するよう促します。協力者と一緒に、生産性を高め成功に続く重要なステップに同意します。

スタート、ストップ。継続的なふりかえりテンプレート
PI Planning Thumbnail
プレビュー

PI 計画用テンプレート

活躍するシチュエーション:

アジャイル手法, 戦略プランニング, ソフトウェア開発

PI 計画は、「プログラム増分計画(program increment planning)」の略称です。大規模アジャイル開発フレームワーク(SAFe)の一環である PI 計画は、チームが共有するビジョンに対して戦略を立てるのに役立ちます。通常の PI 計画セッションでは、チームは集まってプログラムのバックログを確認し、複数部門間で連携して、次のステップを決めます。多くのチームが 8 ~ 12 週間ごとに PI 計画イベントを実施しますが、ニーズに合わせて計画スケジュールをカスタマイズすることができます。PI 計画を使用して機能を細分化して、リスクを特定し、関係性を見付け、展開するシナリオを決めましょう。

PI 計画用テンプレート
Bang for the Buck-web
プレビュー

バング・フォー・ザ・バック テンプレート

活躍するシチュエーション:

優先順位付け, 戦略プランニング, プロジェクト管理

名前の通りです。このアジャイルフレームワークは、プロダクトマネージャーと開発チーム間のコラボレーションに力をつけることで、効率を最大限に高めることに尽きます。プロダクトマネージャーと開発チームが共にプロジェクトアジェンダにある各 To Do リストを確認し、コストやメリットの観点から評価することができます。そうすることで、費やしたコストに対しどれだけの利益を上げられるかという点に基づいてタスクに優先順位をつけることができます。このテンプレートは、次回のスプリントに取り組むための戦略的な計画を立てようとするチームや組織に最適です。

バング・フォー・ザ・バック テンプレート
RACI Matrix Thumbnail
プレビュー

RACI マトリクステンプレート

活躍するシチュエーション:

リーダーシップ, 意思決定, 組織図

RACI マトリクスは、チームが役割と責任を把握し、プロジェクト中の混乱の回避に役立つ強力な管理ツールです。RACI 次の役割の頭文字をとった略語です。Responsible:実行責任者(タスク達成のために作業し、作業の完了 / 決断を下す)、Accountable:説明責任者(タスクの正確かつ完全な完了に責任を負う)、Consulted:協業先(プロジェクトに関する情報を提供し、情報を双方向でやり取りする)、Informed:報告先(進捗を常に把握し、一方的に情報を受ける)。

RACI マトリクステンプレート
six-thinking-hats-thumb
プレビュー

シックスハット法テンプレート

活躍するシチュエーション:

アイデア出し, ブレインストーミング

エドワード・デボノ博士によって考案された「シックスハット法」は、思考に方向性を与え、チームで多角的にアイデアを出すことを目的にデザインされています。このテンプレートを使って、創造的思考を高め、異なる視点からアイデアを出し合うことで、チームで組織の成長やビジネスの推進につながる革新的な意思決定が可能になります。Miro のシックスハット法テンプレートを使用すれば、一からフレームワークを作成することなく、すぐにアイデア出しを開始することができます。

シックスハット法テンプレート