communications-plan-web

コミュニケーションプランテンプレート

Miroのコミュニケーション計画テンプレートを活用して、ターゲットオーディエンスに対して明確で目を引くメッセージの構成を考え、発信の計画を立てましょう。このページではコミュニケーションプランの作り方もご紹介しています。

Trusted by 65M+ users and leading companies

walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign

コミュニケーションプランテンプレートとは?

コミュニケーションプランは、オーディエンスにメッセージを発信する際に、スタートからゴールまで綿密に練られた戦略です。ビジネスのあらゆるフェーズで、メッセージを発信し、ブランドストーリーを通してオーディエンスの心を強く動かす必要があります。

また、このような明確なコミュニケーション設計はエンドユーザーだけではなく、資金調達や採用の場面、収益目標の達成、または情報漏洩の事故が発生してしまった場面であれ、ビジネスの成功には必要不可欠です。会社の規模や、サービスの成長段階を問わず、コミュニケーションプランが重要なのです。

こんな人におすすめ

スタートアップ企業からエンタープライズ企業まで、全てのマーケティングチームはコミュニケーションプランを立てる必要があります。代理店などの戦略プランナーなども、クライアントと共にコミュニケーションプランを立て、ターゲットや時流に合ったプランニングが必要になります。

また、CEOやリーダーポジションに立つ人も、社員や対外への広報などでコミュニケーションプランを立てる必要があります。コミュニケーション計画は軽視されやすいですが、メッセージを届けたい人達に正しく届けるために、どのような目的で、どのようなメッセージを、どう届けるのか、という戦略を立てることは非常に重要です。

コミュニケーションプランテンプレートの使い方

1. ブランドステートメントを作成する

コミュニケーションプランに取りかかる前に、ブランドとしての人物像を把握する必要があります。ブランドステートメントでは届けたいオーディエンスや、自分達が製品やサービスを提供する目的について明確にしましょう。例えば、ブランドステートメントのフォーマットとしては「私たちは、[製品やサービス]を通して[オーディエンス]に、[メリット]や[メリット]を提供します。」という定義をシンプルに考えてみましょう。

2. オーディエンスのペルソナをつくる

オーディエンスのペルソナをマッピングします。まずは情報収集です。アンケートツールや既存の調査データを活用して、人口統計、ブランドの認知度、要望、ニーズについて調査します。

また、自社のオウンドコンテンツがある場合は消費者の動向を分析します。ソーシャルメディアのアカウントなども同様です。フォロワーの特徴を分析し、オーディエンスの傾向を特定できるかを調べます。これらのデータを元に、ペルソナを具体的に作成しましょう。

3. コミュニケーションのゴール(成功)を定義する

自分たちが何者で、どのオーディエンスに発信していくのかが見えたら、会社が成功するために達成すべき目標について考えてみましょう。このコミュニケーションプランが成功したら、どのような状況が生まれているのか?オーディエンスにはどのような変化が起こっているのか?を想像し、定義します。

4. コミュニケーションプランで伝えるストーリーを考える

企業やブランドが伝えたいストーリーはどのようなものでしょうか?製品やブランドの特異性は何か、どのように始めたのか、どんなことをしたいと考えているのか、どんなイメージを持ってもらいたいか、などを言語化します。オーディエンスに、他社ではなく自社の製品やサービスを選んでもらうために重要なポイントは何か?を明確にし区別していきます。

5. コミュニケーションプランのタイムラインやチャネルを選択する

何をストーリーとして伝えていくかが決まったら、それをオーディエンスに伝えるにはどのチャネルで、いつ伝えるのが良いのかを計画していきます。チャネルは会社の規模や持っているリソース、届けたいオーディエンスに応じて変わります。時流を捉えて最適なものを選択しましょう。

6. コミュニケーションプランを実行し評価する

ここまでの計画ができたら、あとは実行です。実際にコミュニケーションプランを進める上では、成功した点や改善点を必ず確認しましょう。何を評価軸として設定しておくかも大切です。コミュニケーションプランは一回作成して終わりではありません。運用と改善を繰り返していくことで、製品やサービスとオーディエンスとの良い関係性を築いていくことができます。

イノベーションワークスペースである Miro では便利なプロジェクト管理ツールや無料のマーケティングテンプレートを活用することで、いつでもコミュニケーションプランを作成することができます。

アカウント作成も無料でできるので、ぜひ Miro をお試しください。

コミュニケーションプランテンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
Technology Roadmap Thumbnail
プレビュー
テクノロジーロードマップ テンプレート
User Personas Thumbnail
プレビュー
ペルソナ設定テンプレート
PROJECT TRACKING TEMPLATE-web-1
プレビュー
プロジェクトトラッキングテンプレート
product-development-roadmap-thumb-web
プレビュー
製品開発ロードマップテンプレート
Kanban Thumbnail
プレビュー
カンバン フレームワーク テンプレート
to-do-list-thumb-web
プレビュー
ToDo リストテンプレート