ワイヤフレームがツールバーから手軽に描けます

公開日 2022年12月1日 最終更新日 2022年12月14日

Miroでは、簡単な操作でツールバーからワイヤーフレームライブラリーにアクセスし、ワイヤーフレームを描くことができます。

ワイヤーフレームの種類やテンプレートについて知りたい方はこちら

ツールバーにワイヤーフレームライブラリを追加する

Miroボードの左ツールバーにワイヤーフレームライブラリが見つからないときは、バーの >>(More Apps)をクリックして  ワイヤー(※言語設定を英語でご利用の場合は、Wireframe)と検索します。

※言語設定を変更するには、こちらの記事をお読みください。

ワイヤーフレームライブラリから、ボードに追加したいアイコンをドラッグして追加します。

ワイヤーフレームのなかにいれたアイテムは、ワイヤーフレームと密着して一緒に動かすことができます。

もっと詳しく

ワイヤーフレームライブラリーの機能についてもっと詳しく知りたい方は、こちらのHelpCenterの記事をお読みください。

プレゼンテーションのフレーム機能について

ワイヤーフレームと同様に、Miroのプレゼンテーションで利用するフレーム(スライドにあたるもの)も、フレーム内のオブジェクトが一体化して扱われます。

Miroのプレゼンテーション機能について詳しく知りたい方は、以下の記事もお読みください。

Miroは、組織が生産的に業務を進めるための多くの機能とエンタープライズ水準のセキュリティを備え、グローバルではFortune100企業の99%が採用、4,500万人が利用しています。また、日本ではTOPIX100の60%以上の企業に導入いただき、70万人以上が利用中です。

試験的に導入してみたい、説明を聞いてみたいなどのご要望がありましたら、お気軽にお問合せください。

  • 製品の操作方法やサポート情報は、ヘルプセンターをご利用ください。
  • Miroの障害・メンテナンス情報については、こちらをご確認ください。

Miro Japan blog

これからの時代にチームがよりよく働くための情報を発信します。 「チームが集まり、働くための場所。」アジャイルな組織づくりをささえるビジュアルコラボレーションプラットフォーム Miro 製品ご紹介はこちらから