Enterpriseプランについて

Miroには無償のFreeプランを含めていくつかのプランがありますが、企業でお使いの場合は、システム監査に対応可能なEnterpriseプランをお薦めしています。価格表については、こちらをご覧ください。

Enterpriseプランの価格や導入についてのご相談、各部門で導入中のMiroのプランが把握できずお困りの管理部門の方など、お気軽に以下からお問い合わせください。

FAQ

Q1.Enterpriseプラン導入後のステップはどのようなものですか?

Enterpriseプランの導入からユーザが無事、利用開始するまで1ヶ月程度で完了するためのステップの概要をご案内しています。Miroのカスタマーサクセスマネージャーまたは販売代理店による使い方のトレーニングもありますので、ご安心ください。環境のセットアップについては、「管理者ガイド」も公開しております。

 2022/8 以下のHelpページが日本語化されました。

FLP サブスクリプションのライセンス管理

アカウント アクセスレベル(Enterprise プラン)

Q2.Miroのセキュリティについて日本語で説明したページはありますか?

セキュリティ、ガバナンス、コンプライアンスについて項目別にご説明しています。Enterpriseプランをご導入の際に貴社所定のセキュリティシートへのご記入にあたりご不明な点があれば、弊社担当がサポートいたしますのでご安心ください。

 2022/8 以下のHelpページが日本語化されました。

SCIM

シングルサインオン(SSO)

Q3.Miroを社内に定着させるコツはありますか?

弊社カスタマーサクセスが、うまく定着させる秘訣を7つにまとめています。

チームワークを促進するコラボレーションプラットフォームMiro

Miroは、一般的なオンラインホワイトボードのイメージよりも柔軟で多様な使い方ができるのが特徴です。ハイブリッドワークにおいてバーチャルオフィスになるような、チームがより生産的に共同作業を進めるための多くの機能とエンタープライズ水準のセキュリティを備えています。グローバルではFortune100企業の99%が採用し、4,000万人が利用しています。また、日本ではTOPIX100の60%以上の企業に導入いただき、70万人以上が利用しています。

試験的に導入してみたい、説明を聞いてみたいなどのご要望がありましたら、お気軽にお問合せください。

日本の代表的なお客様(五十音順)

グローバルではFortune100企業の99%が採用しています。

もう少しプロダクトの概要を知りたい方は、Miroについてをご覧ください。サポート情報は、ヘルプセンターもご利用ください。まずは試してみたい場合は、どなたでも無料でご利用できます。クレジットカードのご登録などは必要ありません。

既にご利用の方は