Miro のビジネスフレームワークで戦略プラン策定と計画実行

激しい競争の中で事業を推進させるために Miro のビジネスフレームワークや
ビジネスモデルキャンバスを活用しま
しょう。情報を可視化することにより、新規事業においてのアイデアの整理や
市場分析において情報の明確化ができ、ビジネスプラン改善の道筋を見つける
ことが可能です。
まずは無料で試す
ボード上で計画をする画像

世界中 3,000 万以上のユーザーが Miro を活用

DELL
Cisco
Pivotal
Deloitte
Okta

ビジネスプランを
オンラインで作成

Miro では場所に関係なくビジネス戦略やビジネスプランをオンラインで自由に作成することができます。ボード上に出たアイデアやプランについてチームで議論する
ことにより、より高度なビジネスモデルの構築が可能です。またクラウド型ツールでもあるため、各自のタイミングで作業を行うことができ、データスペース不足や
コンテンツの消去を心配する必要もありません。

ビジネスプランを
オンラインで作成

ガントチャート
Miro では場所に関係なくビジネス戦略やビジネスプランをオンラインで自由に作成することができます。ボード上に出たアイデアやプランについてチームで議論する
ことにより、より高度なビジネスモデルの構築が可能です。またクラウド型ツールでもあるため、各自のタイミングで作業を行うことができ、データスペース不足や
コンテンツの消去を心配する必要もありません。

50 種類以上のビジネスフレーム
ワークテンプレート

ビジネスモデルキャンバスや、製品ロードマップ、ワークフローなどのビジネスフレームワークテンプレートを使って、プロジェクトをマイルストーンや進捗状況ごとに管理することができます。
また、図表やデータ、付箋などを活用して、ビジネスプランに背景状況を追加しましょう。
すべてのテンプレートを見る
ビジネスモデルキャンバス
製品
ロードマップ
ワークフロー
PI 計画
ガントチャート
ビジネスモデルキャンバス
製品ロードマップ
ワークフロー
PI 計画
ガントチャート

プロジェクトを
視覚的に管理

Miro のビジネスフレームワークツールにより、
プロジェクトのタスクとリソースをすべてボード
1 か所で管理することが可能です。業務フローや
プロセスを表す線の追加やワークロードの管理を
可視化することにより、プロジェクト関係者全員が
一目で進捗状況を把握することができます。

プロジェクトを
視覚的に管理

プロジェクトマップの画像
Miro のビジネスフレームワークツールにより、
プロジェクトのタスクとリソースをすべてボード
1 か所で管理することが可能です。業務フローや
プロセスを表す線の追加やワークロードの管理を
可視化することにより、プロジェクト関係者全員が
一目で進捗状況を把握することができます。

ビジネスプランのプレゼンと共有

Miro ではプレゼンテーションもボード 1 か所で行うことが可能です。ボード内のプレゼンテーションモードを使用し、ワンクリックだけでプレゼンを進行しましょう。また、ボードを画像として
エクスポートすることにより、Confluence や Jira などに視覚的なドキュメントとして埋め込み、情報共有することもできます。
プレゼンテーション画面の画像

世界 3,000万人以上の
ユーザーが信頼する Miro

今すぐ初めてのボードを作成しましょう。料金はずっと無料です。
まずは無料で試す
Miro for Enterprise

Miro を導入する理由

  • 情報の透明化とインクルージョンにより、
    信頼できる組織文化が確立できます。
  • コアとなる目標やビジョンを共有することに
    より、組織の統率力を高め、社員のモチベー
    ション向上にもつながります。
  • 異なる部門ごとの連携強化により、重複作業がなくなり、貴重なリソースと時間を最大限に
    活用できるようになります。
お問い合わせ
Miro for Enterprise

Miro を導入する理由

複数人物と吹き出しの画像
  • 情報の透明化とインクルージョンにより、
    信頼できる組織文化が確立できます。
  • コアとなる目標やビジョンを共有することに
    より、組織の統率力を高め、社員のモチベー
    ション向上にもつながります。
  • 異なる部門ごとの連携強化により、重複作業がなくなり、貴重なリソースと時間を最大限に
    活用できるようになります。
お問い合わせ
“チームがリモートで仕事をしていても参加に支障がないため、Miro は PI 計画とふりかえりに最適です。紙も無駄になりません.”
トルベン・フォスグローネ
Bonial Labs、製品エンジニアリング部門責任者