Enterpriseプラン導入ステップ

この記事では、Enterpriseプランをご導入のMiro管理者の方向けに、1ヶ月でMiroのオンボーディングを完了するための導入ステップの概要をご案内します。

これらのステップをカバーすると、ご契約後1ヶ月でのオンボーディング完了も可能です。

本記事は概要の記載のみとなっておりますので、詳細に関してはご契約後にMiroのカスタマーサクセスマネージャーからご説明します。

Miro1ヶ月導入スケジュール

1. Miro環境のセットアップ

Miro Entepriseプランのご契約が開始になると、初回管理者にテナントが発行された旨のメールが届きますので、Miroにログインします。

ユーザーを招待してコラボレーションを開始する前に、管理上必要な設定項目を設定します。

管理者設定項目の全てを網羅する必要はありません。

ステップごとに説明しているMiro管理者ガイド(下記のMiroボード)に従って、優先的に設定したい項目を決めてください。

Enterpriseプランの主な管理者設定

シングルサインオン(Google, AWS, ADFS, Azure AD, OKTA, Auth0 など)

SCIMでのユーザー管理

・ドメインコントロール(指定した会社ドメインの新規ユーザーを自動的にEnterpriseプランに招待する機能)

・チームやボードに招待するユーザーを制限

・公開リンクでのボード共有を制限 など

※Miro管理者ガイドボードを直接開きたい場合は、こちらからご覧ください。

 

Miroボードはマウスを右クリックしたままドラッグすると、効率的にボード内を移動できます。

マウスの場合

トラックパッドの場合は、2本の指をスライドさせます。

トラックパッドの場合

また、TeamプランやBusinessプランの環境をお持ちで、Enterpriseプランに移行・集約させたい場合はMiroのカスタマーサクセスマネージャーまたは販売代理店にご相談ください。

各ユーザー自身がボード単位で移行させることも可能です。

※Enterpriseプラン以外のお客様は販売代理店にご相談ください

2. ユーザー登録&利用開始案内

環境セットアップが完了したら、ユーザーをアカウントに招待してコラボレーションを始めます。

同時に、Miroの利用開始準備ができたことを一斉に社内に展開します。

定着を確実に進められるよう、SlackやTeamsなどのチャットツールで広く周知する方法をおすすめいたします。

ユーザー登録の方法はこちらです。

3. ユーザートレーニング

Miroは直感的に利用可能ですが、利用方法は無限大にあります。

Miroのカスタマーサクセスマネージャーまたは販売代理店による使い方のトレーニングを実施します。

トレーニングの参加者数に制限はありません。(※安定的な同時編集には最大200名程を推奨)

Miroを使ったコラボレーションを一緒に体感しながら学べるので、すぐにMiroをマスターできます。

※Enterpriseプラン以外のお客様は販売代理店にご相談ください

Miroユーザートレーニング イメージ

Miroのセキュリティ

Miroのセキュリティについてはこちらをご覧ください。

あわせて読みたい

チームワークを促進するコラボレーションプラットフォームMiro

Miroは、一般的なオンラインホワイトボードのイメージよりも柔軟で多様な使い方ができるのが特徴です。ハイブリッドワークにおいてバーチャルオフィスになるような、チームがより生産的に共同作業を進めるための多くの機能とエンタープライズ水準のセキュリティを備えています。グローバルではFortune100企業の99%が採用し、4,000万人が利用しています。また、日本ではTOPIX100の60%以上の企業に導入いただき、70万人以上が利用しています。

試験的に導入してみたい、説明を聞いてみたいなどのご要望がありましたら、お気軽にお問合せください。

日本の代表的なお客様(五十音順)

グローバルではFortune100企業の99%が採用しています。

もう少しプロダクトの概要を知りたい方は、Miroについてをご覧ください。サポート情報は、ヘルプセンターもご利用ください。まずは試してみたい場合は、どなたでも無料でご利用できます。クレジットカードのご登録などは必要ありません。

既にご利用の方は