Team Charter

チームチャーターテンプレート

目的や目標に向かってチームを 1 つにまとめましょう

チームチャーターテンプレートについて

チームチャーターとは?

チームチャーターとは、チームの目的や目標、それらの達成に必要なステップをまとめた文書です。チームチャーターは、すべてのメンバーが集中し、目指すべき方向性を視覚化します。協力して作成したチームチャーターは、メンバーの結びつきを強める有効な手段です。

チームチャーターテンプレートの活用方法

チームチャーターテンプレートは、新しくチームを設立したとき、既存チームに新メンバーを加えたとき、あるいはチームでの在籍期間にかかわらず、改めてチームの連携を強化したい場合に有効なフレームワークです。どのような組織であっても、チームチャーターをすぐに作成することには多くのメリットがあります。

チームチャーターを使用するメリット

チームチャーターは、チームを正しい方向に導き、責任分界点を明確にし、初動を正しく行うために重要な役割を果たします。自分の役割、責任、目的が明確になれば、正しいことに専念でき、非効率、誤解、作業の重複を軽減することができます。

Miro のテンプレートから独自のチームチャーターを作成します

チームチャーターは、簡単な手順をいくつか踏むだけで作成することができます。目標やブレインストーミングの設定から、チャーターを使ったパートナーとの認識合わせやコミュニケーションにいたるまで、各手順の始め方をご紹介します。

ステップ 1:チームチャーターテンプレートを選択する

まずは、チームチャーターテンプレートを選択します。チーム全体が作成に関与することで、チームチャーターを成功に導くことができます。Miro のチームチャーターテンプレートなら、メンバーをボードに招待してコラボレーションを行うことができます。こうすることで、全員からの理解と賛同を確実に得ることができます。

ステップ 2:チームの目的を設定する

チームチャーターの目標を具体的に設定します。チームメンバー全員の役割を理解することが目的ですか?それとも、チームの目的、使命、目標、成功の達成の尺度を理解することが目的ですか。チームが結成された理由や、目標やその達成方法に対する考え方を全員が発言できる場を設けます。リモートで意見を求める場合は、@メンション機能やビデオ会議 / チャットを利用します。

ステップ 3:チームの役割と構成を決定する

チームが出来上がり、コラボレーションが可能になったところで、各メンバーの専門性と役割を書き出します。メンバーの誰がどのタスクに適しているのかを視覚化します。チーム内のベストスキルを視覚化することで、メンバーとタスクのミスマッチが発生するのを未然に防ぐことができます。

ステップ 4:チームでブレインストーミングを行う。

これは、Miro のテンプレートを使ってチームチャーターを作成する上で最も重要なステップです。リアルタイムで、次の点についてチームでブレインストーミングします。

  • 基本的価値観

  • 意思決定

  • 対立意見の解決策

  • 主要な関係者

  • コミュニケーションとツール

  • 説明責任

これらは、いつでも反復すべき重要なポイントとして機能し、チームの道しるべとして役に立ちます。

ステップ 5:チームチャーターテンプレートをカスタマイズする

Miro は、チームの特定のニーズに合わせて、あらゆるカスタマイズが可能なチームチャーターを提供します。ドキュメント、写真、動画、PDF など他のファイル形式をアップロードして、関連する情報をすべて一箇所に保存できます。アイデアや提案を構造化されたチームチャーターに統合します。チームからフードバックをすべて集め終えたら、見落としがないこと、チームの足並みが揃っていることを確認します。次に、より大きな組織とチームチャーターを共有します。

チームチャーターの活用例

例 1:営業チームにおけるチャーターテンプレートの活用例

チームの目的

最終的な売り上げと効率の改善につながる営業チームの新戦略とプロセスを具体化し、実行に移します。

チーム編成と役割分担

セールスマネージャー:売上を伸ばすための戦略やプロセスの実行を監督します。

アカウントエグゼクティブ:クライアントと個人的な関係を築き、クライアントと日常的にコミュニケーションをとります。

開発担当者:潜在的な販売機会を洗い出し、見込み客をより効率的に特定 / 選定するプロセスを監督します。

カスタマーサクセス:顧客が製品によって最も好ましい結果を得られるようにするためのプロセスを開発します。

強みと弱み

強み:チームには、様々な製品を異なる市場や環境で販売してきた豊富な経験があります。

弱み:販売予算が比較的少なく、自由に使える販売ツールやプラットフォームが限られています。

例 2:学術研究チームにおけるチャーターテンプレートの活用例

チームの目的

様々なスキルを組み合わせ、既存の研究を基に他の論文にある仮説を検証して、独自の研究を行います。

チーム編成と役割分担

チームマネージャー:目標を達成するため、チームの目標 / ミッションと個人のスキルセットを調整します。

データマネージャー:リサーチプロジェクトのデータ収集と保管を監督します。

リサーチコーディネーター:スケジュール管理やリソースの購入など、リサーチチームの維持に必要な日常的なタスクを担います。

リサーチアシスタント:リサーチに伴う日常的なタスクの遂行を支援します。

強みと弱み

強み:研究助成金のおかげで、高価な研究資源を利用し、世界中の研究チームと連携する余裕があります。

弱み:膨大なデータを処理するためのマンパワーが不足しています。

チームチャーターテンプレートよくある質問

チームチャーターには何が含まれていますか?

チームチャーター テンプレートには、チームの目的、役割、人々の専門的なプロファイル、価値、合意などが含まれます。このテンプレートは、チームやプロジェクトのマニフェストを作成し、人々が作業方法の足並みを揃え、必要に応じて相談できるようにするのに最適です。

チームチャーターを作成する方法を教えてください。

Miro の既成テンプレートを使用して、チームチャーターを作成することができます。チームチャーターには、チームの目的、メンバーの役割、コアバリューといった要点を忘れずに追加してください。既成テンプレートを使用すると、Miro のツールにより、チームのニーズや要望に応じて柔軟にチームチャーターをカスタマイズし、編集することができます。チームチャーター テンプレートでは、ヒントや案内など完全ガイドが盛り込まれ、プロフェッショナルなチームチャーター会議を開催することができます。

チームチャーターテンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
funding-tracker-template-thumb-web (1)
プレビュー

ファンディング(資金調達)トラッカーテンプレート

活躍するシチュエーション:

Kanban Boards, Operations

多くの組織、特に非営利団体(NPO・NGO)にとって資金調達は組織の存続にも関わる重要な要素です。これらの組織にとって調達目標を達成することは、彼らのミッションを遂行する上で非常に重要です。ファンディングトラッカーテンプレートは、資金調達の進捗状況を把握し、計画の遂行を強力にサポートします。このテンプレートは、マイルストーンの可視化だけではなく、寄付金や資金提供を集めるための効果的な方法の道筋を示し、資金提供者の履歴を追跡することにに役立ちます。特に、多方面からの資金提供を受けている場合に非常に便利です。

ファンディング(資金調達)トラッカーテンプレート
Brand Sprint Thumbnail
プレビュー

3 時間のブランドスプリントテンプレート

活躍するシチュエーション:

スプリントプランニング, ワークショップ, マーケティング

顧客が自社ブランドを信仰する以前に、チームが信じなければなりません。そこで、ブランドスプリントが驚異的な力を発揮します。Google Ventures のチームが普及させたブランドスプリントは、自社ブランドに関するさまざまなアイデアを分類し、価値やオーディエンス、特性、ミッションステートメント、ロードマップなど、ブランドの基礎となるビルティングブロックと方向性を合わせます。新たにブランドを立ち上げる場合でも、既存のブランドをリニューアルする場合でも、ブランドスプリントは会社の命名やロゴのデザイン、デザイナーの採用やマニフェストの作成などのトリガーイベントを行うのに適しています。

3 時間のブランドスプリントテンプレート
Daily Standup Thumbnail
プレビュー

デイリースタンドアップミーティング用テンプレート

活躍するシチュエーション:

アジャイル手法, ミーティング, ソフトウェア開発

チーム全体が集まり、前日の確認をして、当日の作業について議論します。こうした毎日の会議は「スクラム」とも呼ばれ、簡単なものですが、障害の特定、各チームメンバーに発言の場の提供、コラボレーションの促進、進捗状況の把握、最終的にはチームの効果的な共同作業を実現することができるパワフルなものです。このテンプレートを使用すれば、スプリントチームのデイリースタンドアップを簡単に計画することができます。日付と時間を指定し、アジェンダを作成して、スプリント全体で同じフォーマットを使用して始めます。

デイリースタンドアップミーティング用テンプレート
theorychange-thumb-web
プレビュー

セオリーオブチェンジ テンプレート

活躍するシチュエーション:

Leadership

セオリーオブチェンジ テンプレートで、組織に変化をもたらすロードマップの概要を説明します。組織内に新しい風を吹かせましょう。

セオリーオブチェンジ テンプレート
Meeting Reflections Thumbnail
プレビュー

会議のふりかえり用テンプレート

活躍するシチュエーション:

チームミーティング, ブレインストーミング

多忙なスケジュールになると、「実践による学習」が、デフォルトの学習方法になります。そのため、チームは、ふりかえりや聞き取りといった他の重要な方法によって学習する時間を作ります。「学習者」(チームの残りの他のメンバーと共有するチームメンバー)が主導する会議のふりかえりを使用すれば、チームメンバーはクライアントのビジネスや内部事業計画に関する新しい情報を共有し合うことができます。さらに、問題の解決手段を模索して、その解決手段の発見の参考になるであろう本やポッドキャストを他のメンバーと共有することもできるようになります。会議でのふりかえりは、異なる知識レベルにいるチームメンバーが、お互いの長所や専門知識を共有し高め合う機会として非常に役立ちます。

会議のふりかえり用テンプレート
sipoc-thumb-web
プレビュー

SIPOC テンプレート

活躍するシチュエーション:

Agile Methodology, Strategic Planning, Mapping

SIPOC ダイアグラムは、サプライヤーとインプット仕様、顧客とアウトプット仕様、それぞれの間に存在する潜在的なずれを特定することで、プロセスを高レベルでマップ化し、プロセス改善の努力範囲を定義することができます。SIPOC は、Suppliers / Sources(サプライヤー / ソース)、Input(インプット)、Process(プロセス)、Output(アウトプット)、Customers(顧客)の頭文字をとった略語です。SIPOC は、顧客、サプライヤー、プロセス間のフィードバックループとフィードバックフォワードループを洗い出し、原因と結果に基づいて思考するよう促します。このビジュアルツールを使って、プロセスを最初から最後まで文書化しましょう。

SIPOC テンプレート