Family tree diagram template-web

ファミリーツリー(家系図)テンプレート

ファミリーツリー(家系図)を遡って、自分の家系について詳しく知りましょう。

ファミリーツリー(家系図)テンプレートについて

家系を理解するのは難しいことです。家系図は、シンプルで分かりやすいフォーマットで鳥観図を示すことで、これを簡素化します。また、家族の詳細を把握するにつれて、ユーザーやその他の情報を追加することができます。

ファミリーツリー(家系図)テンプレートの詳細については引き続き以下をお読みください。

ファミリーツリー(家系図)とは

家系図は、血統や家系を視覚的に表します。結婚や血縁関係を表すノードや線を用いることで、家系図は家系の完全な記録を示します。これは直接の祖先を示しますが、それよりもさらに枝分かれして、関係者をすべて含むこともできます。

通常、家系図の作成者が、出発点になります。血縁者はすべて、この作成者に対する関係を示した家系図に含まれます。

時には、系図学者や歴史学者が家系図を作成して、歴史的に重要な人物の家族関係を理解するのに役立てることもあります。

家系図を作成するメリット

何よりもまず、家系図は家系の記録として役立ちます。誕生、結婚、死亡の日付、また引っ越しや移住などのその他の人生のイベントを把握することができます。

家系図を作成する際には、これまでに聞いたことがない家族の新しいストーリーを発見することもあります。これにより、歴代の家族がどんな姿だったのか、全体像を把握することができます。

自分の家系図の作成

家系図の作成を始めるのにそれほど情報は必要ありません。いくつか家名が分かれば、家系図の土台を構築することができます。

始めるにはファミリーツリー(家系図)テンプレートを開き、その後以下の手順に従ってください。

ステップ 1:家系図の出発点として自分の名前を書きます。自分の子供や歴史上の人物の家系図を作成する場合は、まずは図のメインの対象者から始めましょう。

ステップ 2:親族から始めます。点線を使用して自分自身と兄弟を結び付け、実線で自分の両親とつなぎます。簡単なファミリーツリー(家系図)テンプレートでは、親子の関係は、小さなニワトリのアイコンでもラベル付けされます。

親戚についてよく知っているでしょうから、途中で自由に追加情報を記入してください。誕生や死亡の日付、結婚やミドルネーム、また家系リサーチでフォローしたいものを追加することができます。

ステップ 3:範囲に広げて親族を追加します。祖父母、叔母や叔父、従妹から始めて、兄弟の配偶者や子どもを追加することもできます。

家系図を作成する際は、最も馴染みのある家族側から始めるのが良いでしょう。家系を深く掘り下げると、家系図を作成するのに慣れ、これらのスキルを活用することができます。

ステップ 4:その他の情報を追加します。家系図は好みに合わせて簡単なものや複雑なものを作成することができます。できるだけ役立つ、興味深いものにしたい場合、親族に関するその他の情報を追加しましょう。

誕生、死亡、婚姻記録はオンラインで簡単に見つけることができます。多くの記録がオンラインや地方の図書館や歴史協会で公開されています。国勢調査データは、特定の時期に家族がどこに住んでいたかを確認する際に非常に役立つこともあります。

図を他の家族と共有し、空白箇所に記入してもらうことで、家系図を共同作成することもできます。

ステップ 5:好みに応じてツリーを増減させるか、追加のツリーを作成します。家系のリサーチが本格的な趣味になっても、驚くことではありません。

家系図は、家系に関する追加情報が見つかると拡大することができます。ジェノグラムに拡張することもでき、基本データに加えて、家族のパターン、対立、タイムラインを表すのに役立ちます。

ファミリーツリー(家系図)テンプレートの活用方法

家系図は家系をリサーチする際に役立ちます。

親戚を理解するのに役立つよう、子供が学校の課題で作るかもしれません。あるいは、先祖のリサーチはさらに注意して行い、十分なリソースも必要となるので、情報のギャップを特定するために作成することもできます。

最も重要なことは、必要な時に何度でも家系図を拡張し、調整することができる Miro のようなファミリーツリー(家系図)テンプレートを使用することです。新しい親族や驚くような家族の物語を発見することもあるかもしれません。

ファミリーツリー(家系図)よくある質問

家系図で最初の世代は誰ですか?

家系図は、最も新しい世代から祖先を遡ります。自分の系譜を作成する場合、あなたが家系譜に記録された最初の世代になります。他の人は全員、あなたとの関係性に基づいて記録されます。

どれくらいさかのぼって、家系図を追跡することができますか?

多くの人は、コミュニティが、とりわけ出生、結婚、死亡の公共記録を目的をもって保管し始めた 1800 年代半ばまでさかのぼって家系図を追跡することができます。それより前のことになると、手紙などの家族の記録に頼る必要があります。 1600 年代以前にさかのぼって家系図を追跡することができる人もいます。先祖が教会に通っていたか、土地を所有していた、あるいはそれ以外の方法で裕福であった場合、家系図をここまでさかのぼって追跡できる可能性が高くなります。

ファミリーツリー(家系図)テンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
cisco-recommended-security-architecture-thumb (1)
プレビュー

Cisco 推奨セキュリティアーキテクチャテンプレート

活躍するシチュエーション:

図表作成, ソフトウェア開発

Cisco のデータセンターとアクセスネットワークソリューションには、業界最高レベルの自動化、プログラム性、リアルタイムの可視性があり、スケールに合わせて構築されています。Cisco 推奨セキュリティ アーキテクチャは、Cisco 要素を使用して、Cisco のネットワークデザインを視覚化することに役立ちます。

Cisco 推奨セキュリティアーキテクチャテンプレート
Google Open Cloud-thumb-web
プレビュー

Google Cloud アーキテクチャ図テンプレート

活躍するシチュエーション:

図表作成, ソフトウェア開発

Google Cloud アーキテクチャ図テンプレートを使用することで、アプリケーションのデプロイを明示的に視覚化し、プロセスを最適化することができます。GCP テンプレートは、アプリケーションアーキテクチャの優れた概要を提供し、迅速なイテレーションを可能にして、アプリケーションデプロイ、デプロイ、ドキュメンテーションの管理を改善します。まずはお試しいただき、このテンプレートの便利さをご体験ください!

Google Cloud アーキテクチャ図テンプレート
Research Design Thumbnail
プレビュー

リサーチデザインテンプレート

活躍するシチュエーション:

デザイン思考, デスクリサーチ, UX デザイン

デザインリサーチマップは、リサーチ方法において考え方とアプローチという 2 つの重要な共通部分の関係を示すグリッドフレームワークです。デザインリサーチマップでは、チームやクライアントに、生成的なデザイン思考を使用して新しいビジネス戦略を立てるよう促します。このフレームワークは元々、学者のリズ・サンダース氏によってデザインされ、リサーチとデザイン手法間の混乱や重複の問題を解決することを目的としています。チームが問題解決モードまたは問題空間定義モードのどちらであっても、リサーチデザインテンプレートを使用すれば、多くの無関係な業務における共同価値を検討するのに役立ちます。

リサーチデザインテンプレート
Agile Board Thumbnail
プレビュー

アジャイルボードテンプレート

活躍するシチュエーション:

アジャイル手法, ミーティング, アジャイルワークフロー

好評のアジャイルフレームワークの一部であるアジャイルボードは、生産サイクル全般を通したタスクを同期させる視覚的なディスプレイです。アジャイルボードは、主にカンバンやスクラムなどのアジャイル開発手法に照らして使われますが、誰でもこのツールを利用できます。ソフトウェア開発者やプロジェクトマネージャーが活用するアジャイルボードは、柔軟で透明性があり、反復的にワークロードを管理するのに役立ちます。アジャイルテンプレートは、タスクやチームに合わせてカスタマイズできる付箋を Miro のレイアウトで簡単に始める方法です。

アジャイルボードテンプレート
UML Communication Diagram
プレビュー

UML コミュニケーション図テンプレート

活躍するシチュエーション:

マッピング, ソフトウェア開発, 図表作成

近代のプログラムは、正確な命令に従って動作する多くの可動部品で構成されています。コミュニケーション図を使用すれば、これらの部品がどのように連携しているかを正確に視覚化することができ、プログラム全体をより明確に理解することができます。製品の開発または改良に合わせて、機能計画の場所としてもコミュニケーション図が活躍します。コミュニケーション図は、ソフトウェアデザイナーにとって不可欠なツールです。

UML コミュニケーション図テンプレート
customer-journey-mapping-pack-thumb
プレビュー

カスタマージャーニーマップテンプレートパック

活躍するシチュエーション:

マッピング, ユーザーエクスペリエンス, ワークショップ

カスタマージャーニーマップ(CJM)は、顧客体験を視覚的に表したものです。カスタマージャーニーマップを使用することで、製品の購入や、サービスへの登録、サイト上での体験において顧客が通る道筋を視覚的に分析できるようになります。ほんとんどのマップは、特定の顧客像(ペルソナ)を元に作成され、カスタマーエクスペリエンスの始まりから終わりまでの内容を示し、それにおいての製品やサービスに対する顧客の肯定的な感情や負の感情を見える化することに使用されます。 このテンプレートを活用すれば、どんなプロジェクトでもカスタマージャーニーマップを手軽に作成できます。

カスタマージャーニーマップテンプレートパック