Spaghetti diagram template-thumb-web

スパゲッティ図テンプレート

プロセスの概要を把握し、改善できる領域を探します

Trusted by 65M+ users and leading companies

walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign

スパゲッティ図テンプレートについて

スパゲティ図テンプレートは、プロセス内の人、資源、文書、製品の流れや、これらの要素の関係性を視覚化するのに役立ちます。

スパゲッティ図は、プロセスの効率化を実現するための課題解決手法であるリーンツールの一部でもあります。これらのツールは、ビジネスプロセスを再構築する際に特に有用です。

このテンプレートは、現在のプロセスの理解を深め、冗長な部分や改善すべき領域を見つけるのに役立ちます。プロセスに変更を加える前に行う、ワークフローのマッピングにこのテンプレートを使用することもできます。

例えば、病院での患者の体験をこのテンプレートでマップ化します。また、スタッフの組織構成、緊急時のプロトコル、各部門で必要な備品の情報なども含めるとよいでしょう。

このようにして、あらゆるレベルの病院関係者が、自分たちの仕事が病院全体の運用フローのどこに位置するかを理解し、改善が必要な領域を認識することができます。

スパゲッティ図テンプレートの詳細については、引き続き以下をお読みください。

スパゲッティ図とは何でしょうか?

スパゲティ図は、「スパゲティチャート」「スパゲティプロット」「スパゲティモデル」とも呼ばれ、プロセスマッピングを用いた情報、人、製品の流れを視覚化するツールです。

スパゲッティ図では、プロセスフローの各パーツをスパゲッティ状の線で表されます。これらの線は、決定ポイントまたは「集合ポイント」に集まって、ネットワークを形成します。

一連のタスクはカラフルで半透明な線で表現され、各要素が時間、空間、または相互の合意においてどのように関連しているかを表すことができます。

例えば、ウェブサイトの設計中に基本的なページの流れを計画したいとします。スパゲッティ図では、各ウェブページを線で表し、どのページが互いにリンクしているか(依存関係)をコネクタで表すことができます。

あるいは、商品を購入する前にアクセスするページ、購入プロセスに含まれる手順(ワークシーケンス)、購入プロセスでやり取り(契約)する相手を視覚化することもできます。

つまり、スパゲッティプロットは、他の手法では表現が困難な、部品、人、作業の間の距離を素早く簡単に追跡することができます。

スパゲッティ図テンプレートを使用するメリット

スパゲッティ図を使用することで以下のようなメリットが得られます。

  • プロセスの無駄や非効率性を迅速に把握:スパゲティ図はシンプルで分かりやすいため、問題を素早く特定し、品質を向上させることができます。

  • 付加価値のない時間を特定:スパゲッティ図では、進行中の作業の特定部分を停止して切り出すため、標準的な作業に費やされた実際の時間と、タスクの整理や出席に費やされた無駄な時間を確認することができます。

  • 継続的に全員の認識を合わせる:異なる部門や関係者の間で行う必要のある作業を視覚化的に追跡し、全員の認識が合っていることを確認するのに便利です。

  • 従業員や機械の作業スケジュールの把握:複数の作業エリアや生産ラインがある場合、スパゲッティ図は、すべての従業員と機械の作業スケジュールを追跡するのに役立ちます。

  • 生産性の最大化:スパゲッティ図なら、全体像を即座に確認し、理解できるため、誰もが最も重要な課題に取り組んでいることが確認できます。

独自のスパゲッティ図を作成します

Miro を使用すれば、独自のスパゲッティ図を数分で作成することができます。まず、スパゲッティ図テンプレートを開きましょう。

このテンプレートには、付箋とコネクタがあらかじめ含まれています。

ステップ 1:まず、最初の線または一連のタスクを追加することから始めます。他の線を追加して、スパゲッティ図を構築していきます。

ステップ 2:線をドラッグ & ドロップして各オブジェクトをつなげるか、キャンバス上の線をドラッグして移動させます。コネクタは接続を維持するために自動的で調整されます。

ステップ 3:線をダブルクリックして付箋を追加し、テキストを書き込みます。キャンバス上でその付箋をドラッグして移動させることもできます。

ステップ 4:スパゲッティ図が完成したら、保存してチームメンバーと共有します。

Miro を使用すれば、チームメンバーとのコラボレーションは非常に簡単です。チームを招待して、特定のテンプレートで共同作業を行い、データをリアルタイムで編集することができます。

スパゲッティ図の動作例

あなたが自動車工場の所有者で、スタンプの工程を改善したいとします。また、スタンプには 4 つの工程があるとします。

  1. 部品の製造に使用する金属の種類を見つける

  2. 対応する形に型抜きする

  3. 追加の形にスタンプまたは型抜きする

  4. 出荷製品としてクリーニングする

この工程を管理するために、「1」から「4」のラベルが付いた 4 つの線を使用してスパゲッティ図を作成します。次に、各線に「金属タイプ」、「型抜き形状」、「スタンプ形状」、「クリーニング」という4つのラベルを作成します。

各ラベルに対応する線を色分けして、各ステップをコネクタでつなげて仕上げます。

このようにスタンプの全工程を視覚化することで、それぞれの工程がどのようにつながっているかが理解できます。

スパゲッティ図よくある質問

スパゲッティ図は何に使用されますか?

スパゲッティ図は、通常、1 つのプロセスまたは一連のプロセスを説明するために使用されます。さまざまな段階と各段階間の関係を示し、物事のつながりを視覚化します。これにより、全体像とそのすべての構成要素を確認できます。

シックスシグマのスパゲッティ図とは何ですか?

リーン生産方式では、スパゲッティモデルはプロセスマッピングで使用され、改善の機会を特定します。通常、関係する手順や考えられるチョークポイントなど、組織全体の取引の流れを示すために使用されます。

スパゲッティ図の使用方法を教えてください。

スパゲッティ図テンプレートでは、プロセスの段階を異なる色で示します。フォーマット化された矢印(または線)で段階間の関係を示し、つながっている段階を明確にします。矢印の厚みは、交流の頻度に比例するので、簡単に比較することができます。

なぜスパゲッティ図を活用するのですか?

スパゲッティ図は、プロセスの全体像を表します。それは、データや最適化が必要になる分野を特定するのに便利です。スパゲッティ図があればプロセスを全体として確認できるため、改善の機会を特定しやすくなります。

スパゲッティ図テンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
UML Activity Diagram
プレビュー
UML アクティビティ図
CAUSE AND EFFECT DIAGRAM TEMPLATE-web-1
プレビュー
特性要因図テンプレート
CRITICAL PATH METHOD -web
プレビュー
クリティカルパステンプレート
BRACKET TEMPLATE -web-1
プレビュー
トーナメント表テンプレート
strategic-planning-thumb-web
プレビュー
戦略的計画テンプレート
PHYLOGENETIC TREE -web-1
プレビュー
系統樹テンプレート