Brand Sprint

3 時間のブランドスプリントテンプレート

自社ブランドについての抽象的なアイデアを共通言語にしましょう。3 時間のブランドスプリントを行い、ブランドポジショニングを評価します。

Trusted by 65M+ users and leading companies

walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign

ブランドスプリントテンプレートについて

ブランドスプリントは、自社のモチベーションや価値、オーディエンス、特性、市場動向とチームが足並みを揃えるための、6 つの活動からなる 3 時間の会議です。

チームがブランドスプリント ワークショップを完了させ、テンプレートに記入することにより、ブランド哲学を表し、社内あるいはブランドデザイナーとシームレスに作業するための、わかりやすい要点シートが得られることになります。

ブランディングや 3 時間のブランドスプリントを実行する方法については、引き続き以下をお読みください。

ブランドスプリントとは

ブランドスプリントは、自社ブランドについての多種多様なアイデアを、一つにまとまったプロファイルに抽出させるためのエクササイズです。自社ブランドに関する一連の質問に答えることで、ブランドのミッションステートメントやロードマップなどを明確にします。

ブランドビルディングは、ハードルの高いタスクです。顧客や見込み客の自社ブランドに対する反応や、ブランドとの関わり方によって、組織の生死が決まるのです。組織がブランドをゼロから立ち上げる場合でも、あるいは既存のブランドをリニューアルする場合でも、ブランドスプリントは貴重なツールです。

ブランドスプリント テンプレートを使用するメリット

ユーザーは、ブランドスプリント テンプレートを使用して組織のプロフィールを作成します。ブランドスプリントを使用すると、今後のロードマップや価値、オーディエンス、そして会社の存在理由について考えることができるようになります。

このようなエクササイズは、自社ブランドの気質やスタイルを定義し、同業他社と比較するのに役立ちます。

3 時間のブランドスプリントを実行する方法

3 時間のブランドスプリントを実行するのは簡単ではありませんが、誰でもブランドスプリント ファシリテーターとして、準備を手伝うことができます。

3 時間のブランドスプリントには、通常 CEO も含む 2 ~ 6 人の参加を目指します。理想的には、共同創業者やマーケティング ヘッド、プロダクトヘッドもこの会議に参加すると良いでしょう。

誰かを「決定者」として指名し、ブランドスプリントの司会を手伝う 1 ~ 2 人のファシリテーターを決めましょう。

ブランドスプリント ワークショップのファシリテーターは、自分とチームが邪魔されずに参加できる時間をスケジュールします。名前の通り、ほとんどのブランドスプリントは約 3 時間を要します。

まず 、Miro のブランドスプリント テンプレートを選択しましょう。これがフレームワークになります。それから、以下の手順に従ってください:

ステップ 1: 20 年のロードマップ 各参加者に自分なりのロードマップを書いてもらい、それを共有してもらいましょう。もちろん、正確でなくても構いません。タイムマシーンを持っている人は誰もいないのですから!それでも、このエクササイズを行うと、自社ブランドの存続期間について考えさせてくれます。

ステップ 2:何を、どのように、なぜ

「何を、どのように、なぜ」は、 3 つの同心円で構成されています。外側の円は「何を」、中央の円は「どのように」、内部の円は「なぜ」です。

部屋を回って、参加者全員に 3 つの基本的な質問をしてみましょう。

  • 何をする会社ですか?

  • どのようにしているのですか?

  • その理由は何ですか?

ステップ 3: 価値のトップ 3

自社の価値トップ 3 を書いてみましょう。自分にとって大切な意思決定の原則をランク付けしましょう。

このセクションではタイマーを設定し、賛同する価値について参加者に投票してもらいます。

ステップ 4: オーディエンスのトップ 3

トップ 3 のオーディエンスをリストアップしましょう。部屋にいる人全員に、この質問に対する自分なりの答えを書いてもらい、その後集まって共有します。

ステップ 5:特性スライダー

今度は、自社ブランドの属性について考えてみましょう。特性スライダーは、自社ブランドの属性が、「親しみやすい」と「厳然」あるいは「大衆的」と「上流階級」のような極端なパーソナリティー間のどこに位置されるかを特定します。

ステップ 6:市場勢力図

最後に、市場勢力図を分析しましょう。チームに以下の質問をします:

  • 同じ分野で事業をしている組織に、どのようなものがありますか?

  • うまくいっている点は何ですか?

  • 差別化できるとしたら何ですか?

ブランドスプリントの由来

ブランドスプリントは、Google Ventures のチームが普及させたもので、ジェイク・ナップ氏の著書「スプリント」に詳細が書かれています。ブランドスプリントに含まれる考え方は、 1997 年 に Apple で行われたスティーブ・ジョブズ氏による内部会議や、スチュワート・バターフィールド氏のエッセイ「We Don’t Sell Saddles Here」、サイモン・シネック氏の TED talk「優れたリーダーはどうやって行動を促すか」などのさまざまな情報源から影響を受けています。

ブランドスプリントを実行する際の基本的な要件について、ご興味をお持ちですか?Miro がブランド再生を行う際にリモートチームとブランドスプリントプロセスを行なったことについての記事をお読みください。

ブランドスプリントよくある質問

どのようにブランド戦略を定義しますか?

ブランド戦略は、ブランドを展開するための長期戦略です。その最終的な目標は、顧客に自社ブランドを認知してもらい、競合商品ではなく自社商品を選択してもらえるようにすることです。企業や組織は、ブランド戦略を立てるためにブランドスプリントを実行します。

ブランドの特性はどのように把握すればよいですか?

ブランドスプリントは、ブランド特性を見出すのに最適な方法です。自社のブランド属性は、パーソナリティ・スライダーバーによるエクササイズで見つけることができます。このエクササイズでは「親近感」と「権威」、「大衆的」と「エリート向け」などの対局にあるブランド属性の間に自社ビジネスを位置づけます。形容詞やムードボードを使用することで、ブランドスプリント時にブランド特性を特定しやすくなります。

ブランドスプリントはいつ実行するべきですか?

Google Ventures チームは、社名を決定する、ロゴをデザインする、代理店を採用する、マニフェストを書くなど、トリガーとなるイベントがあるときにだけ、ブランドスプリントを実施することを推奨しています。

3 時間のブランドスプリントテンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
Product Canvas Thumbnail
プレビュー
プロダクトキャンバステンプレート
Research Design Thumbnail
プレビュー
リサーチデザインテンプレート
ansoff-matrix-thumb-web
プレビュー
アンゾフマトリクステンプレート
Meeting Notes Thumbnail
プレビュー
議事録テンプレート
Project Canvas Thumbnail
プレビュー
プロジェクトキャンバステンプレート
Brainwriting Thumbnail
プレビュー
ブレインライティングテンプレート