活用する製品アップデート

非公開モードを活用し、集団バイアスがある議論を避けよう

公開日 2023年4月10日 最終更新日 2023年11月4日

非公開モードを活用し、集団バイアスがある議論を避けよう

非公開モード(Private mode)を使用することで、チームの中でもプライベート空間を用意することができます。

集団バイアスのような問題を軽減し、会議中の発言を言い換えたり、発言の準備をしたり、振り返ったり、より本質的なフィードバックと多様な洞察を促します。

\Miroは日々進化しています/

Miroの製品アップデート情報はこちら

アップデート情報をMiroボード版で閲覧したい方はこちら

Miroは、組織が生産的に業務を進めるための多くの機能とエンタープライズ水準のセキュリティを備え、グローバルではFortune100企業の99%が採用、6,000万人が利用しています。また、日本ではTOPIX100の60%以上の企業に導入いただき、120万人以上が利用中です。

試験的に導入してみたい、説明を聞いてみたいなどのご要望がありましたら、お気軽にお問合せください。

  • 製品の操作方法やサポート情報は、ヘルプセンターをご利用ください。
  • Miroの障害・メンテナンス情報については、こちらをご確認ください。

Miro Japan blog

これからの時代にチームがよりよく働くための情報を発信します。 「チームが集まり、働くための場所。」 アジャイルな組織づくりをささえる、イノベーションのためのビジュアルワークスペース Miro