製品アップデート

【管理者向け】機密分類設定がしやすくなりました

公開日 2024年1月8日 最終更新日 2024年1月22日

【管理者向け】機密分類設定がしやすくなりました

設定ドラフトを使用することで、分類ポリシーをより簡単に構築できるようになりました。(※エンタープライズプランのお客様が対象の機能です)

機密分類ラベルを作成または編集すると、変更はドラフトとして保存され、[公開] ボタンをクリックするまで公開されません。 機密分類の設定を途中で止めても、後から設定作業を再開できるようになりました。

また、誰がいつ分類ラベルを変更したかを、より詳細に可視化できるようになり、管理面でも安心です。

詳しくはこちらをご覧ください。

管理者向けの情報一覧も合わせてご確認ください。

\Miroは日々進化しています/

Miroの製品アップデート情報はこちら

アップデート情報をMiroボード版で閲覧したい方はこちら

Miroは、組織が生産的に業務を進めるための多くの機能とエンタープライズ水準のセキュリティを備え、グローバルではFortune100企業の99%が採用、6,000万人が利用しています。また、日本ではTOPIX100の60%以上の企業に導入いただき、120万人以上が利用中です。

試験的に導入してみたい、説明を聞いてみたいなどのご要望がありましたら、お気軽にお問合せください。

  • 製品の操作方法やサポート情報は、ヘルプセンターをご利用ください。
  • Miroの障害・メンテナンス情報については、こちらをご確認ください。

Miro Japan blog

これからの時代にチームがよりよく働くための情報を発信します。 「チームが集まり、働くための場所。」 アジャイルな組織づくりをささえる、イノベーションのためのビジュアルワークスペース Miro