Process Map

プロセスマップテンプレート

チームのプロセスや成果を分析し、記録しましょう。

プロセスマップテンプレートについて

プロセスマップテンプレートは、チームのビジネスプロセスや関連する成果を記録、分析し、より深く理解するのに重要なツールです。段階的に整理できるプロセスマップテンプレートを使用すれば、プロセスやシステムを分類し、各段階の目標、活動、成果物を記録することができます。あらゆるプロセスについての認識を共有し、チームの体制、生産性、コミュニケーションを改善しましょう。

プロセスマップテンプレートの詳細については、引き続き下記をご確認ください。

プロセスマップの目的

まったく知らない場所を旅する際には、マップは必要不可欠なツールとなります。プロセスマップも例外ではありません。プロセスマップは、チームが進める計画やアプローチを評価、記録し、戦略を立てるのに効果的な方法です。プロジェクトのあらゆる段階の目標、活動、成果物を細分化することで、進捗状況を把握しているか、または効果的に問題解決に取り組んでいるかどうか理解することができます。

プロセスマップの使い方

プロセスマップテンプレートは、チームや単体のプロジェクトにおいての効率性の向上を目的によく使用されることがあります。ページに表示されたプロセスを確認することで、チームはプロセスの合理化、コミュニケーションの改善、優れたドキュメンテーションの作成を実施する方法など、改善すべき分野を特定できます。関係者の割り当て、責任者や境界の定義、責任の明確化、指標の設定を行う必要がある場合には、プロセスマップテンプレートを使用することをお勧めします。

プロセスマップを作成する方法

プロセスマップの目標は、プロジェクトを細分化し、チームメンバーが目標や目標を達成する方法を理解できるようにすることです。プロジェクトを複数の段階に分けることで、コミュニケーションの齟齬を防ぎ、先に進む前に全員の認識を合わせることができます。

Miro ではオンラインツールを使用してプロセスマップを作成することができます。以下のステップを通してプロセスマップを作成しましょう。

ステップ 1:目標を定義する。

解決したい問題は何か?どんなプロセスを視覚化したいか?

ここでは、広い視野で考えましょう。プロセスマップを進めていくと、プロジェクトを細分化することに多くの時間を費やすことになります。ただし、今のところは広範囲に及ぶ目標を自由に設定しましょう。

ステップ 2:ブレインストーミングを行う。

この問題を解決するためにはどのような手順を実行する必要があるか?プロセスをどのように展開するか?

プロセスに取り組む順番にこだわり過ぎないように注意しましょう。手順を全て紙に書き出すことに集中します。このプロジェクトに参加する必要がある関係者について考えましょう。また、作業を完了させるために必要なリソースについてブレインストーミングすることもできます。

ステップ 3:成功を定義する。

問題が解決したことがどのようにして分かるのか?いつプロセスは終わるのか?

多くのチームがこの手順を省きますが、それをおろそかにしないことが重要です。成功の明確な指標、あるいは中継地点だけでも定義することで、それに向かって取り組むことができます。

ステップ 4:順番に並べる。

問題を解決するためにどのような手順を実行するか?プロセスを確実に完了させるために取り組む必要がある手順はどういったものか?

今は、直線的に考えましょう。ブレインストーミングから素材をすべて取り出し、順番に並べましょう。直線的に取り組むのが難しい場合は、最初と最後に何をする必要があるかを定義することから始めて、その間のすべての作業に取り組みます。

ステップ 5:プロセスを描く。

問題はどのようなものか?そのプロセスをどう視覚化することができるか?

プロセスマップテンプレートを活用しましょう。まずはキーを作成します。キーには、プロセスマップ全体で使用する記号を含む必要があります。活動、イントプット、アウトプット、意思決定、エンドポイントを表す記号が必要かもしれません。直感的で拡張可能なシステムを使用しましょう。例えば、多くの人は、矢印を使って、意思決定のフローを示します。

ステップ 6:マップを確認する。

問題を解決することができるか?このプロセスマップは、実行可能で分かりやすいものか?

関係者を招待してマップを調査しましょう。考えられる冗長性、障害、ワークフローの問題に細心の注意を払います。各ステップを見直し、互いに論理的なフローになっていることを確認しましょう。ブレインストーミングからドキュメントに戻り、言語で表現しきれない部分も漏れなく伝えられているか確認することができます。

プロセスマッピングよくある質問

さまざまな種類のプロセスマップとはどういったものですか?

SIPOC マップ(供給者、インプット、プロセス、アウトプット、顧客)、展開マップ、スイムレーンマップ、バリューストリームマップなど、数種類のプロセスマップを使用することができます。こうしたマップはそれぞれ、組織に対して異なる目的を果たし、ビジネスプロセスマッピングにインサイトを追加することができます。

プロセスマップを作成する 3 つのメリットとは何ですか?

プロセスマップ用テンプレートでは、プロセスで自動化や改善が必要なステージを素早く特定することができます。現在のプロセスの状態や、チームと部門間のコミュニケーションを明確にすることができます。

プロジェクト管理におけるプロセスマップとはどんなものですか?

プロセスマップツールは、特定のプロセス内のアクティビティを視覚化するのに役立ちます。通常、プロジェクトマネージャーは、このツールを使って、プロジェクトやワークフローを完了させるために必要な手順を把握します。

プロセスマップテンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
team-meeting-agenda-thumb-web
プレビュー

チーム会議アジェンダテンプレート

活躍するシチュエーション:

チームミーティング, ドキュメンテーション, ワークショップ

意思決定、優先順位の調整、方向性を共有するためには、チームの時間を作ることが重要です。チーム会議のアジェンダは、チームとの情報共有やコラボレーションが必要なときに、割り当てられた時間枠にスケジュールと構成を追加することができます。アジェンダは、目標、議題、アクションアイテム、次のステップの進行役を決定するようチームに促します。アジェンダに従って会議を円滑に進めることで、OKR による進捗状況の確認、最新情報の共有、障害に対する話し合い、アイデアのブレインストーミングが容易になります。

チーム会議アジェンダテンプレート
Johari Window Thumbnail
プレビュー

ジョハリの窓テンプレート

活躍するシチュエーション:

リーダーシップ, ミーティング, ふりかえり

認識すること。それは他者だけでなく、自分自身をより深く信頼するための重要な要素です。ジョハリの窓は、この考えを基に参加者が 4 つの要素を埋めながらチームの相互理解を深めていくフレームワークです。参加者は各象限で自分も他人も知らなかった自己の発見を試みることになります。組織の成長を感じたときは、このテンプレートを使ってジョハリの窓を実践しましょう。ジョハリの窓は、部門間やチーム内のつながりを深め、従業員同士のコミュニケーションを円滑にし、相互理解を深めることができます

ジョハリの窓テンプレート
Stakeholder Map Thumbnail
プレビュー

ステークホールダーマップテンプレート

活躍するシチュエーション:

経営管理, マッピング, ワークフロー

ステークホールダーマップは、プロジェクトへの影響力と関心の強さに応じて関係者をグループ化する分析手法の 1 つです。このテンプレートを使用することで、製品、プロジェクト、アイデアに関心があるすべての関係者を 1 つの視覚領域に整理することができます。これにより、プロジェクトに影響を与える関係者と、関係者それぞれの関係性を容易に把握することができます。ステークホルダーマップは、プロジェクト管理で広く使われている手法で、通常はプロジェクトの開始時に実施されます。ステークホールダーマップをプロジェクトの早い段階で実施することで、ミスコミュニケーションの発生を防ぐことができます。また、すべてのグループの目的に対する認識を合わせて、成果と結果に対する期待値を設定することができます。

ステークホールダーマップテンプレート
editorial-calendar-thumb-web
プレビュー

編集カレンダーテンプレート

活躍するシチュエーション:

マーケティング, 戦略プランニング, プロジェクト計画

大半の企業では、コンテンツが大事です。他の何を作るよりも積極的に(そしてはるかに素早く)コンテンツを作成します。これには、ブログ、ニュースレター、ソーシャルメディアの投稿、広告などが含まれ、アイデア出し、執筆、編集、掲載が必要です。そのため、コンテンツチームには編集カレンダーが必要です。このテンプレートでは、チームが戦略的に計画し、現状を整理して(コンテンツタイプ、ライター、チャネル、納品日など)、スケジュール通りコンテンツをすべて完了/掲載できるカレンダーを簡単に作成することができます。

編集カレンダーテンプレート
PERT chart-thumb
プレビュー

PERT図テンプレート

活躍するシチュエーション:

マッピング, 図表作成, プロジェクト計画

PERT(Program Evaluation and Review Technique)図は、プロジェクトを効率的に計画するために非常に便利です。明確なタイムラインの設定や、タスクと依存関係を計画し、プロジェクトを成功に導くための道筋を作りましょう。

PERT図テンプレート
Product Roadmap Basic-thumb-web
プレビュー

製品ロードマップテンプレート

活躍するシチュエーション:

プロダクト管理, ロードマップ

製品ロードマップは、製品の今後のビジョンや進捗状況の共有に役立ちます。これは、戦略や優先順位に関して、管理者層、エンジニアリング、マーケティング、カスタマーサクセス、営業などのチームや重要な関係各所との認識を合わせるのに適した重要な資産です。製品ロードマップを使用することにより、今後のプロジェクト管理方法についての情報共有や、新しい機能や製品目標の詳細、新製品のライフサイクルの説明を行うことができます。製品ロードマップは、ニーズに合わせて自由にカスタマイズできるフレームワークですが、通常、開発する製品や、開発時期、各プロセスの担当者や関係者に関する情報が含まれます。

製品ロードマップテンプレート