付箋の作成者を表示することができます

公開日 2022年8月10日 最終更新日 2022年9月14日

付箋の作成者を表示することができます

利用方法

付箋を選択すると表示されるメニューに「人とペン」のアイコンがあるので、クリックします。デフォルトはオフですので、必要なときにクリックして表示してください。

※参加者全員に強制表示させるようなことはできません。この機能を利用しなくても、付箋の「情報」メニューやボードの履歴などから付箋の作成者を知ることは可能です。

他の人が作成した付箋をコピーすると作成者が自分にならない?

他の人の付箋をコピーすると、作成者はコピー元の付箋を作った人になってしまいます。自分の名前で作成するには、次のどちらかを活用してください。

  • Miroボードを開いているときにキーボードショートカット「N」を押下し、付箋メニューを表示して作成(お薦めです)
  • 付箋をダブルクリックして入力モードにし、Tabキーを押下して複製する。

Miroの付箋には他にも便利な機能があります

Miroの付箋にはその他にも便利な機能があります。詳しくはこちらのHelp Centerの記事をご覧ください。

付箋の概要は、オンライン付箋のページをご覧ください。

Miro活用ガイドにもまとめていますので、合わせてご活用ください。

Miroの付箋を会議で活用するなら

以下のページもご参考にしてください。

ブレインストーミング

アフィニティ図(親和図法)

チームワークを促進するコラボレーションプラットフォームMiro

Miroは、一般的なオンラインホワイトボードのイメージよりも柔軟で多様な使い方ができるのが特徴です。ハイブリッドワークにおいてバーチャルオフィスになるような、チームがより生産的に共同作業を進めるための多くの機能とエンタープライズ水準のセキュリティを備えています。グローバルではFortune100企業の99%が採用し、4,000万人が利用しています。また、日本ではTOPIX100の60%以上の企業に導入いただき、70万人以上が利用しています。

試験的に導入してみたい、説明を聞いてみたいなどのご要望がありましたら、お気軽にお問合せください。

日本の代表的なお客様(五十音順)

グローバルではFortune100企業の99%が採用しています。

もう少しプロダクトの概要を知りたい方は、Miroについてをご覧ください。サポート情報は、ヘルプセンターもご利用ください。まずは試してみたい場合は、どなたでも無料でご利用できます。クレジットカードのご登録などは必要ありません。

既にご利用の方は

Miro Japan blog

これからの時代にチームがよりよく働くための情報を発信します。 「チームが集まり、働くための場所。」アジャイルな組織づくりをささえるビジュアルコラボレーションプラットフォーム Miro 製品ご紹介はこちらから