entity-relationship-diagram-web

ER 図(実体関連図)テンプレート

MiroのER図(実体関連図)テンプレートを活用して、データベース設計を効率的に行いましょう。ソフトウェアやアップデートの実装前に、システム内の要素の相互関係や構造をER図を使って計画することで、設計作業をよりスムーズに進めることができるようになります。

Trusted by 65M+ users and leading companies

walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign

ER図(実体関連図)テンプレートとは?

ER図とは、Entity Relationship Diagramの意味でデータベース設計で活用される設計図のことです。

エンティティ(実体・モノ)とリレーションシップ(関係)で構成されており、データやデータ間の処理構造を図解するものです。

例えば、顧客が商品を購入するフローをER図で記載する場合、「顧客」や「商品」がエンティティとなり、「購入する」がリレーションシップとなります。

ER図テンプレートは、エンティティを書き込むフォーマットが用意されており、初めての人でも簡単に作り始めることが可能です。

こんな人におすすめ

ER図は、データベースや情報システムデザインで使用されます。開発者やデータベース設計者、それに関わるチームメンバーにおすすめのツールです。

例えば、さまざまな役割(開発者とプロダクトマネージャーの関係など)、具体的な事業目標(製品やサービスなど)、目に見えない事業目標(バックログなど)間の関係などを視覚化するのに役立ちます。

どのような複雑な内容でも、シンプルな表現で示すことができるため、チーム間で共通認識を持つためにも活用することができます。

ER図(実体関連図)テンプレートの使い方

1. ER図にしたいシステム内の全てのエンティティを特定する

ER図にエンティティを漏れなく示すために、足りない場合はテンプレートの長方形を複製して全てを記入しましょう。

通常、長方形で表示されるエンティティは名詞(物、人、概念、イベントなど)のことを指します。異なる記号は、異なるタイプのエンティティを表現しています。

例えば「強エンティティ(実体)」は、通常長方形で表現され、「弱エンティティ(実体)」は二重の長方形で表現されるなどのルールがあります。

2. エンティティには分かりやすく名前や属性ををつける

エンティティを把握しやすくするために、分かりやすく名前や属性を記入しましょう。

属性とはエンティティの特性を指します。

例えば、ER図が学生が大学に出願するために使用するソフトウェアをマッピングしている場合、「学生」エンティティの下には、属性として次の情報「Student_No, Student_Name, and Course_Of_Study」を記載します。

3. エンティティ間のリレーションシップ(関係)を記入する

エンティティ間の関係を特定するため、線や矢印で関連付けましょう。

ER図では、接続線と矢印にラベルが付きます。これらのラベルは、エンティティがどのように相互作用するかを表し、エンティティ間の関係性を示します。

接続線の種類によって意味も異なり、あるエンティティから次のエンティティにどれだけのデータが流れるかを示すことに役立ちます。

オンラインワークスペースである Miro では ER 図ツールや作図ツールを使って、ER 図を効率良く作成することができます。

また、Miro ボード内の Mermaind アプリも使用することで、直接コードを入力して ER図を作成することが可能です。

ER 図テンプレートよくある質問

ER図(実体関連図)とはそもそも何ですか?

ER図(実体関連図)とは、エンティティ(人、モノ、および概念)がどのように相互作用しているかを表すための図です。このデータモデルは、開発者と設計者がソフトウェアの主要な要素間の関係を視覚化する時によく使用されます。ER図を使用することにより複雑なシステムやデータベースを図解することができます。エンティティ同士がどのように関連し、作用し合っているかを分析することでシステムがどのように機能しているかを効率的に理解することができます。

MiroのER図(実体関連図)テンプレートの特徴は何ですか?

ER図テンプレートは、必要に応じていつでもカスタマイズできることが特徴です。図形の追加、色の変更、付箋の作成、矢印の追加などを簡単に行うことができます。ER図は作図にさまざまな記号や矢印を追加したり編集する必要がありますが、全てをオンラインで管理することができるため、チームメンバーがどこからでもアクセスでき簡単に編集できることが特徴です。

MiroのER図(実体関連図)テンプレートは無料ですか?

Miroではテンプレートを使用してER図を無料で作成することができます。無料アカウント(Freeプラン)作成の際にクレジットカードの登録も必要ありません。初めての方でも、ER図テンプレートをソフトウェア開発やシステムの見える化に活用しましょう。

ER 図(実体関連図)テンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
cynefin-framework-thumb-web
プレビュー
クネビンフレームワークテンプレート
Cross-Functional Flowchart Thumbnail
プレビュー
業務フロー図テンプレート
Affinity Diagram Thumbnail
プレビュー
KJ 法テンプレート
ACTIVITIES CHRONOGRAM TEMPLATE -web-1
プレビュー
製造工程表テンプレート
Prototype Thumbnail
プレビュー
プロトタイプテンプレート
3 Horizons of Growth Thumbnail
プレビュー
3 つの成長地平線モデルテンプレート