production-workflow-web

プロダクションワークフローテンプレート

プロセスの重要なステップをマッピングしましょう。

Trusted by 65M+ users and leading companies

walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign

プロダクションワークフローテンプレートについて

プロダクションワークフローとは?

ポッドキャスト、マーケティングキャンペーン、テレビ番組、コンテンツの制作のいずれに取り組んでいても、プロダクションワークフローを作成することが重要です。プロダクションワークフローとは、コンポーネントどう組み合わせれば完成品を作り出せるかを理解することができる段階的なプロセスです。プロダクションワークフローは、新しいチームメンバーの研修を行い、ビジネスを拡大して、ゼロから作ることなく素晴らしい作業を実施するのに重要です。

ワークフローを作成する方法は数多くあります。一般的には、以下の質問に答えることをお勧めします。

関係者には誰が含まれるか?生産を開始する前にチーム全員が自分の役割を理解していることが重要です。関係者を明確にし、役割の適用範囲を決めましょう。監視役は誰にするかレビューサイクルには誰を含めるべきか問題が発生した場合、誰が対応するか

アイデアをどのようにブレインストーミングするか背景情報の情報源はどこかマーケティングチームやデザインチームで作業をしている、またはテレビ番組、ポッドキャスト、その他のクリエイティブな活動の制作に取り組んでいる場合は、最初にブレインストーミングセッションのフォーマットを決めることが重要です。また、アイデアの保存場所、その編集者、編集内容の決定者を確認するのにも役立ちます。

タイムラインは?重要なマイルストーンや、特定のプロジェクトの大まかなタイムラインの概要を記入しましょう。必要なレビューや各レビューの完了期限をメモしておきます。各マイルストーンのチェックリストを作成しておきます。そうすれば、いつ次に進めば良いかが分かります。

チームとどのようにコミュニケーションをとるか毎週チェックインミーティングを行うかこの会議には参加する必要があるメンバーは誰か毎週メールで最新情報を送信したほうが良いか行動計画が決定しても、いつでも後でイテレーションを実行することができます。

成功するにはどんなリソースが必要か?リソースには、ツール、複数の部門のパートナー、予算、その他のニーズが含まれます。

ワークフローは分かりやすく、拡張可能なものですか?ワークフローを定期的に確認しましょう。すべてが最新情報に更新されており、ワークフローがビジネスに合わせて拡張可能なことを確認しましょう。またワークフローの研修を受けた新規採用者からフィードバックを取り入れましょう。

プロダクションワークフローテンプレートの活用方法

シンプルで分かりやすい方法でプロセスの仕組みを共有したい場合は、プロダクションワークフローテンプレートを活用することをお勧めします。これは、既存のプロセスのどこで非効率性や問題が発生しているか理解しようとするとき、新しいワークフローやプロセスを計画するとき、新しいチームメンバーを研修するとき、また関係者に概要を提示するときに役立ちます。

プロダクションワークフローの 4 つのメリット

効果的にコラボレーションする - プロダクションは、厄介で複雑なプロセスです。関係者が、自分の役割や責任を把握するのは難しく、重複してトラブルになることがあります。素晴らしいプロダクションワークフロー使用すれば、不確低要素を減らすことができます。疑わしい場合、チームや複数部門のパートナーがワークフローを参照することで、次のステップを理解することができます。

新規採用者の研修 - プロダクションワークフローを使用すれば、新規採用者の研修を簡単に行うことができます。複雑な生産プロセスの手順を覚えておかなくても、このワークフローを使用すれば、新規採用者に説明することができます。これにより、研修の一貫性が保証され、新規採用者は即戦力になります。

プロセスの欠陥の検出 - プロジェクトワークフローを文書化すると、プロセスの欠陥を把握することができます。不足していることはないか追加のリソースが必要か何か問題はないかチームのニーズのイメージを掴むには、生産フローをマッピングするのが最適な方法です。

プロセスを拡張する - プロダクションワークフローは、拡張することができます。チームがプロセスを頭の中で思い描いているだけでは、リソースの確保、認識合わせ、新規従業員の採用を行うのは難しくなります。ワークフローを提示することで、プロセスを構築しながら組織を成長させやすくなります。

プロダクションワークフローテンプレートを使用する方法

まず Miro のテンプレートを使用し、特定のニーズに合わせて変更を加えます。チームメンバーをボードに招待して、コラボレーションしましょう。メンバー以外から意見をもらう必要がある場合は、@メンションやビデオチャットを使用しましょう。ドキュメントや写真、ビデオ、PDFなど他のファイルタイプをアップロードして、関連する情報をすべて一か所で管理することができます。

プロダクションワークフローテンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
Gap Analysis Thumbnail
プレビュー
ギャップ分析テンプレート
Timeline Workflow Thumbnail
プレビュー
タイムラインテンプレート
STAR Thumbnail
プレビュー
STAR テンプレート
entity-relationship-diagram-thumb-web
プレビュー
ER 図(実体関連図)テンプレート
PRODUCTION FLOWCHART -web
プレビュー
製造フロー図テンプレート
Project Planning Thumbnail
プレビュー
プロジェクト計画用テンプレート