Impact Effort Matrix

インパクト(影響度) / エフォート(労力)マトリクス

このテンプレートを活用して、取り組みの影響度と労力を明確化し、チームでの優先順位づけに役立てましょう。

Trusted by 65M+ users and leading companies

walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign

インパクトエフォートマトリクステンプレートについて

インパクトエフォートマトリクステンプレートとは?

このテンプレートは、優先順位を調整して、無駄な時間と労力を削減しながら、プロジェクトを軌道に乗せたいと考えるすべてのチームにお勧めします。

インパクトエフォートマトリクスを作成するメリット

多くのチームは、インパクトエフォートマトリックスを重要な意思決定ツールであることを理解しています。なぜなら、毎日の To Do リストから複雑な戦略計画がもたらす指針を視覚化し、限れらた時間とリソースの最適化のために役立つからです。

タスクの優先順位付け

インパクトエフォートマトリクスを作成する大きなメリットは、最終目標の達成に役立つかどうかを基準に、タスクの優先順位をチームや個人に決めさせる点です。このように優先順位付けすることで、チームは最も時間をかけるべきタスクを見極めることができます。

効率と効果の最大化

適切に作成されたインパクトエフォートマトリックスによって、チームは自分たちの時間の使い方を評価し、無駄を減らす方法を見つけることも可能になります。チームのミッションや目標の完遂に最も効果的なタスクを分類することで、生産性が低く、実行するに値しない仕事や作業を特定することができます。

目標の調整

インパクトエフォートマトリクスは、各労力がチームの目標達成への貢献度を正確に把握し、様々な関係者が目標を調整するのにも役立ちます。

インパクトエフォートマトリクスの活用方法

インパクトエフォートマトリクスは、チームや社員が実行可能なアクションや完了可能なタスクを複数抱え、それらの効果を最大化するための最適な時間配分を決定するのに非常に有効です。時間や資源が限られている場合、インパクトエフォートマトリクスは、チームによるタスクの優先順位付けと、全体的な目標達成のための最も効率的な道筋を見出すのに役立ちます。

インパクトエフォートマトリクスの作成方法

Miro のテンプレートを使用すれば、インパクトエフォートマトリクスの作成はシンプルで簡単です。

ステップ 1:チーム全体をまとめます

まず、セッションの最初に関係者全員が参加していることを確認します。このマトリクスは、タスクがどのように完了し、どれだけの労力が費やされたかを直接見通せる実行上の関係者が作成することが重要です。

ステップ 2:目的とチームの目標を明確にします

チームの主な目的と目標をブレインストーミングします。これにより、チームは、ミッション全体に対して共通のイメージを持つことができます。

ステップ 3: 4 つの構成から成るグラフを作成します

インパクトエフォートマトリクスは、タスクにかかる労力と、タスクの完了がもたらす潜在的な効果の 2 軸で構成されます。4 つの構成要素は、クイックウィン(最小の労力で最大の効果)、メジャープロジェクト(最大の労力で最大の効果)、フィルイン(最小の労力で最小の効果)、タイムウェイスター(最大の労力で最小の効果)で構成されています。

ステップ 4: 4 つの構成要素の 1 つに、単一のタスクを追加します

チームが計画 / 検討していたタスクを、実行に必要な労力と完遂によってもたらされる効果に基づいて、マトリックスにプロットします。このプロットは、必ず全チームで慎重に確認しましょう。

ステップ 5:結果に基づいてアクションプランを作成します

すべてのタスクの効果と労力を把握した上で、タスクに優先順位を付けます。これにより、今後最も時間とリソースを割くべきタスクの決定が可能になります。

インパクトエフォートマトリックスよくある質問

インパクトエフォートマトリクスの 4 つの要素とは何ですか?

4 つの要素とは、低労力/低インパクト、高労力/低インパクト、低インパクト/高労力、高インパクト/高労力のことです。

インパクトエフォートマトリクスの仕組みを教えてください。

インパクトエフォートマトリクスは、プロジェクトに関連する様々なタスクを、2 つの軸(労力と影響度)に当て込んで使用します。この方法でタスクを分類することで、チームは優先順位付けや無駄を減らすことが可能になります。

インパクト(影響度) / エフォート(労力)マトリクス

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
Workflow Thumbnail
プレビュー
ワークフローテンプレート
COMMUNICATION MATRIX -web-1
プレビュー
コミュニケーションマトリックステンプレート
meeting-thumb
プレビュー
会議テンプレート
App Dev Thumbnail
プレビュー
アプリ開発キャンバステンプレート
OKR Planning-thumb
プレビュー
OKR 計画用テンプレート
Floor Plan Thumbnail
プレビュー
見取り図テンプレート