3x3-Prioritization-Method-web

3x3 優先順位付けテンプレート

次のステップや将来に向けて取り組むためのグループイニシアティブ。

Trusted by 65M+ users and leading companies

walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign

3x3 優先順位付けテンプレートについて

3x3 優先順位付けテンプレートを使用することにより、ユーザーへの影響と結果に必要なリソースを視覚化することができ、製品に必要な機能や戦略施策の優先順位付けに非常に役立ちます。2x2 の優先順位付けマトリックス(またはリーン優先順位付け法)よりも詳細な情報の整理が、このテンプレートでは可能です。

9 つの関心領域により、アイデアの実行や機能の追加にかかるリソースの量を迅速に判断することができ、そのアイデアや機能がどの程度結果に影響を与えるかを判断することにも非常に便利です。

3x3 優先順位付けテンプレートは、視覚的なツールであるため、すぐに結果が出せるタスクや、大規模なプロジェクト、小規模タスクなどにかかるリソースの配分をチームで迅速に決定することができます。

以下では、3x3 優先順位付けテンプレートについての詳細をご紹介したいと思います。

3x3 優先順位付けマトリクスとは?

3x3 優先順位付けマトリクスは、チームが時間とリソースをどこに割り当てるべきかを視覚的に表現する時に役に立つツールです。また、3x3 優先順位付けマトリクスは、以下の4つの要素から構成されています。

  • クイックウィン:チームの成功につながる基本的なアクションで、努力の見返りが最も大きく、何よりも優先されるべき要素。

  • 大規模プロジェクト:長期的に見返りのある複雑なアクションであり、選択的かつ効率的に実行することが最善である要素。

  • 通常アクティビティ:簡単に優先順位を下げられる日常的なタスク。

  • 浪費的アクション:時間がかかりすぎるため、委任するか回避すべきアクション。

このマトリックスは、デイリースタンドアップミーティングや、戦略アクションプラン、アジャイルスプリントのプランニングに活躍します。

3x3 優先順位付けマトリクスが活躍するケース

この優先順位付けの手法は、プロダクトマネージャーや異なる部門でのコミュニケーションに以下の形で活躍します:

  • どのようなアクションや施策に注力すべきかを迅速に判断できます。

  • 限られたリソースを最大限に活用することができます。

  • 無駄な時間や労力を浪費せずに、戦略や目標を振り返ることができます。 

  • 優先順位を調整し、議論された問題に対する解決策の共有ができます。

チームリーダーがまず初めに作成し、他のチームメンバーからフィードバックを得ることにより、必要に応じて以上で解説した4つの要素を追加することで、より効果的なフレームワークを作成することができるようになります。

3x3 優先順位付けマトリクスの作り方

Miro オンラインホワイトボードでは、3x3優先順位付けマトリックスを作るのは、思ったよりも簡単です。次のステップから自分だけの3x3優先順位付けマトリックスを作ってみましょう:

  1. インパクトエフォート分析の目的の明確化: その目的は、戦略的なものか、戦術的なものか、プロジェクトに関連するものか、製品やサービスに関連するものか、それとも個人的なものか(開発やチームの成長という観点から)、チームからのフィードバックを収集しましょう。また、数日、数週間、数ヶ月、1年以上など、明確なスコープや時間枠も念頭に置きましょう。

  2. その目的を達成するために必要なものをブレインストーミング: このフレームワークを活用したニーズの例としては、企画会議での行動の優先順位付け、プロジェクトチームの優先順位付け、チームメンバーのパフォーマンスプランのマイルストーン設定、プロダクトバックログから注力すべき機能の優先順位付けなどが挙げられます。 

  3. チームからのアイデア収集および整理:チームメンバーにアイデアを付箋に書き出してもらいましょう。そして、必要に応じてオンラインミーティングやビデオチャットでフィードバックを受けながら、情報を整理していきます。

  4. 影響と労力に応じたアイデアの優先順位付け:自身のアイデアが4つの要素のどれに当てはまるかを評価し、それに従ってボードコンテンツを移動するようにメンバーに促しましょう。アイデアが、クイックウィンか、大規模なプロジェクトか、通常アクティビティか、浪費的アクションか判断しましょう。

  5. 次のアクションプランを作成:特定のチームメンバーによるアイデアの実効性の検証が必要か、フォローアップミーティングを設定すべきか、影響と労力の明確化が必要か、価値には、定性的なもの(低いものから高いもの)と定量的なもの(数値による尺度、通貨、費やした時間、アウトプットの量)があることを忘れないでください。

  6. セッションに参加できなかった人と結果を共有:必要に応じてチームメンバー、クライアント、プロジェクト関係者を Slack や、メール、公開または非公開のハイパーリンクで招待し、全員が詳細についてキャッチアップできるようにしましょう。

3x3 優先順位付けテンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
safe-roam-board-thumb-web
プレビュー
SAFe ロームボードテンプレート
Pros and Cons List Thumbnail
プレビュー
メリット・デメリットリストテンプレート
Bulls Eye Thumbnail
プレビュー
ブルズアイ図テンプレート
UML State Machine Diagram Template
プレビュー
UML ステートマシン図テンプレート
PEST Analysis Thumbnail
プレビュー
PEST 分析テンプレート
Product Roadmap Basic-thumb-web
プレビュー
製品ロードマップテンプレート