Homeagilepi planning

インテグレーションを駆使するMiroの PI プランニング イベント

四半期ごとに、Miro の包括的な統合ツールを使用して製品開発を計画できます。シームレスな準備作業を行い、依存関係を調整し、当事者意識を持たせるセッションの作成を重視することで、分散型オンライン PI プランニングを効率的に実行できます。

6,000 万 以上のユーザーに愛される Miro

オンライン PI プランニングの準備を整える

当事者意識を持たせる実行可能な PI プランニングのセッションが実施できます。事前計画からチーム コラボレーションの強化に至るまで、Miro を使用することでビッグルーム プランニング全体を管理できます。

チームが PI プランニングに向けて Miro を選ぶ理由

インテグレーションを駆使する PI プランニング

プログラムボード アプリを使用する Jira の堅牢な双方向インテグレーションを通じた情報インポートにより、データが取得され、時間が節約されます。ツール間の切り替えがなくなり、チームが重要事項に専念できるようになります。Miro の導入により、チームはプランニング セッションにつき 7 時間を節約できます。

摩擦を低減

依存関係アプリを使用してタスク間のつながりを一目瞭然に表示し、依存関係をフィルター処理できますので、ボード上に混乱を招きません。プランニング時に可視性が高まり、チームメイト全員で同じ認識を共有できていることが確認できます。

チームの一体感が高まる

焦点を絞ったディスカッションにチームを結びつけ、投票やブレイクアウト(分科会)などを設けた、よりインクルーシブな PI プランニング セッションを実施できます。プロセスをシームレスに進める「ふりかえり」、全員が発言することを可能にする「非公開モード」も注目です。

より迅速なコミュニケーション

クラスター化された付箋により情報やイニシアチブをすばやく把握し、コネクションラインの追加や依存関係のすべてをビジュアルに表現します。必要に応じてチームメイトにタグ付けを行い、瞬時のフィードバックを要求し、Estimations アプリを使用してボード上でダイレクトに推定を実行できます。

生産性の向上

チームの進捗状況やプロジェクトをすべて同一のボードで計画して追跡できます。1 つの集中型ハブでタスクを割り当て、タイムラインを追加し、ふりかえりを実行できます。付箋を Jira や Azure DevOps のカードに変換することで時間を節約し、コンテキストを切り替えることなく PI プランニング イベントを実行できます。

ビジョンを皆と共有

エグゼクティブサマリー専用スペースを作成することで、各関与者に効率的に情報を伝達できます。製品戦略を簡単にマッピングし、重要目標に関連付け、製品ビジョンを実現するためにプログラムボードを使用することで、ユーザーは生じた進化をロードマップに反映できます。

関連テンプレート

チームのバックログを概観し、効率を高めることができます。

納期を追跡し、プロジェクトの依存関係とマイルストーンを把握できます。

SAFe のリスク管理のためのROAM ボードを使用することで、プロジェクトのリスクを率直で透明性のある文書にして評価できます。

チームがアジャイルなアプローチを採用できるようサポートします。

タスクを追跡して作業アプローチを向上させます。

インテグレーションを駆使する共同作業性の高い PI プランニングまたは ビッグルーム プロダクト プランニングを使用することで、チームを統括できます。

Miro を使用して PI プランニング イベントを実施

1

アジェンダを設定

オンラインで PI プランニングを開始する前に、イベントの目的や目標(ゴール)、タイムラインを明確にします。

2

プログラムのバックログを決定

製品のロードマップ、ビジネスゴール、ユーザーのニーズに基づいて、バックログを決定および優先します。

3

タスクを細分化

プログラムのバックログを決定したら、チームで話し合って、バックログを 2 週間から 4 週間を目処にした小さな増分に分割します。

4

プランを立てる

チームのキャパシティを確認して、プランやコミットメントを調整できます。

お気に入りツールとのインテグレーション

アイデア、インスピレーション、情報をすべて表示できます。実行に移すべきマーケティング キャンペーンやクライアントならびに見込み客情報をビジュアル化し、チームのタスクとステータスの更新を追跡できます。

Miro を 100 以上のお気に入りコラボレーション ツールに接続できます

Miro マーケットプレイスを閲覧

アプリを閲覧

多くのチームに愛されるもの

カスタマーストーリー

「Miro は製品デザインにおける主要なギャップを解決します。製品設計者たちがそれぞれ異なるツールでプロジェクトを進めていても、タスク管理が可能になります。」

Jane Ashley

DocuSign デザイン主任

PI プランニングに関する FAQ

プロダクトチームは、ゴールの設定、タスクと依存関係の特定、進捗状況の追跡、製品やビジネスのビジョンおよび方向性の決定をする目的で PI プランニングのセッションを実行します。Miro のビジュアル コラボレーション プラットフォームは、プロダクトマネージャーが PI プランニングのセッションをより効率的に実行できるようサポートし、アジェンダ、プログラム、ROAM ボード、チームボードといったチームに要されるあらゆるツールを集めた PI プランニング ボードをベースに構築されます。これにより、アジャイルチームは、PI プランニング イベントの終了までに、プランを作成してシームレスに実行に移せるようになります。

ソリューション

アジャイル開発ツール

リモートのデイリースクラム、スプリント プランニング、ふりかえりを使用して、アジャイルプロセスを強化できます。カンバンボードや、Jira、Azure DevOps などとのインテグレーションを活用してアイデアを実行に移せます。

ロードマップ作成ツール

ロードマップを作成することで、プロダクトチーム間の戦略をビジュアル化し、依存関係を識別し、より大きなプランに合わせて調整できます。

スタンドアップミーティングツール

結果とアクションにフォーカスしたダイナミックなスタンドアップ会議を毎日開催できます。障害要因を特定し、それぞれの視座をプロセスに導入してコラボレーションを促進させることで、より良い作業に向けてチームをサポートします。

一瞬でチームの仲間になれます

Miro を使用している数千にのぼるチームに名を連ね、これまでにない最高の作業をしてください。