COMMUNICATION MATRIX -web

コミュニケーションマトリックステンプレート

コミュニケーションマトリックステンプレートを使って、各コミュニケーションタッチポイントをマッピングしましょう。すべてのステークホルダーを可視化することで、組織内でのコミュニケーションを改善することができます。

Trusted by 65M+ users and leading companies

walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign
liberty mutual
wp engine
accenture
bumble
delloite
hewlett packard
total
dropbox
walt disney
asos
contentful
ubisoft
pepsico
macys
whirlpool
hanes
yamaha
docusign

コミュニケーションマトリックステンプレートについて

コミュニケーションマトリックステンプレートは、プロジェクトやチーム内のコミュニケーションプロセスを効率化し、改善することに役立つテンプレートです。

その設計により、チームはコミュニケーション戦略を明確に計画することができ、チームメンバーと同じ認識を持ってプロジェクトや組織運営を進めることができます。

このテンプレートでは、プロジェクトに関連するさまざまなコミュニケーションの媒体や頻度、対象者を可視化することができます。各セクションの内訳は以下の通りです。

  1. Communication(コミュニケーション):このセクションでは「キックオフミーティング」や「プロジェクトステータスレポート」など、さまざまなタイプのコミュニケーションが必要となるシチュエーションをリスト化することが可能です。

  2. Purpose(目的):このセクションでは、各コミュニケーションの背後にある主な意図や目的を明確にしましょう。例えば「キックオフミーティング」は「チームメンバーの足並みを揃え、プロジェクトの成功指標を設定する。」が目的として記入することができます。

  3. Medium(手段):メールや対面・ビデオ会議などコミュニケーションを取るための手段(チャネル)を記載します。

  4. Frequency(頻度):コミュニケーションの頻度をここでは記入します。毎日、毎週、毎月、またはプロジェクトのマイルストーンに基づいて頻度を設定することが可能です。

  5. Audience(関係者):誰に連絡が行くべきなのかを明確にします。これにより、適切なステークホルダーが情報を受け取れるようになります。

コミュニケーションマトリックステンプレートの使い方

  1. 計画の記入:「キックオフミーティング」や「プロジェクト状況報告」などのコミュニケーションの種類をリストアップしましょう。

  2. 目的の定義:コミュニケーションの種類ごとにその目的を明確にしましょう。これは「プロジェクト目標の設定」から「進捗状況の報告」まで多岐にわたります。

  3. ツール・手段の選択:メールや対面・ビデオ会議、あるいはその他の手段でコミュニケーションをとるかどうかを議論します。

  4. 頻度を設定:コミュニケーションの頻度を毎日、毎週、毎月など、プロジェクトのニーズに合わせて設定しましょう。

  5. 関係者を明確化:誰がコミュニケーションの対象となるべきかを明確化しましょう。

  6. 編集する:必要に応じて、行や列を追加してテンプレートを拡張します。成果物や追加メモをボードに直接追加し、すべてのプロジェクト文書を一箇所にまとめることができます。

  7. レビューと更新:クリックするだけで、マトリックスのどの部分でも編集することができます。

コミュニケーションマトリックステンプレートを使うメリット

  • 認識の共有:このテンプレートを使用することで、チームメンバー全員がコミュニケーションの役割と責任を理解し、一貫性を保つことができます。

  • 効率化:コミュニケーションの種類と頻度を細かく設定することで、チームはムダなコミュニケーションを省き、必要な場合にのみ情報交換を行うことができます。

  • ステークホルダーマネジメント:ステークホルダーを特定し、マトリックスにリストアップすることで、すべてのステークホルダーが必要なプロジェクトの最新情報を受け取れるようになります。

  • リスク回避:定期的にコミュニケーションを取ることで、問題を早期に発見し、プロジェクトのリスクを軽減することができます。

  • 役割の明確化:コミュニケーションチャンネルと頻度を明確にすることで、チームメンバーがそれぞれのコミュニケーションに対する役割を把握することができます。

Miro のオンラインワークスペースでは、専用のプロジェクト管理ツール計画テンプレートを活用することでプロジェクトの効率化に役立つコミュニケーションマトリックスをいつでも作成することができます。

アカウントの作成も無料なので、ぜひ Miro をお試しください。

コミュニケーションマトリックステンプレートよくある質問

コミュニケーションマトリックスを使う主な目的は何ですか?

コミュニケーションマトリックスを使う主な目的は、さまざまなプロジェクトやビジネス上のコミュニケーション要件を管理する際に、明確さと構造を提供することです。これにより、プロジェクトメンバーが、いつ、どのようなことをどのようなチャネルを通して行うべきかを知ることができます。

必要に応じて、テンプレートに列や行を追加できますか?

このテンプレートは柔軟に設計されています。コミュニケーションの種類や特定の詳細のための列を簡単に追加することができます。

コミュニケーションマトリックスは大規模なチームやプロジェクトだけのものですか?

小規模なチームのプロジェクトを管理する場合でも、大規模な組織のコミュニケーション戦略を管理する場合でも、このテンプレートをニーズに合わせて拡大・縮小、調整することが可能です。

コミュニケーションマトリックスは、どれくらいの頻度で見直しや更新を行うべきですか?

特に新しいプロジェクトマイルストーンの開始時やチームやプロジェクトに大きな変化があった場合には、定期的にマトリックスを見直すことをおすすめします。こうすることで、マトリックスが適切で最新のものに維持することができます。

コミュニケーションマトリックステンプレート

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
strategic-planning-thumb-web
プレビュー
戦略的計画テンプレート
to-do-list-thumb-web
プレビュー
ToDo リストテンプレート
Floor Plan Thumbnail
プレビュー
見取り図テンプレート
BUDGET TEMPLATE -web-1
プレビュー
予算計画テンプレート
DFD Maker Thumbnail
プレビュー
データフロー図テンプレート
meeting-organizer-thumb-web (1)
プレビュー
ミーティングファシリテーター用テンプレート