ホームproduct development

製品開発ワークフローをひとつにまとめるプラットフォーム

視覚的なコラボレーション用スペース 1 か所で全ワークフローを管理し、製品開発ライフサイクル全体でチームメンバーをサポートします。Miro の製品開発向けのツールで顧客にバリューを提供し、イノベーションを加速させることができます。

ユーザー数は 6,000 万以上

躍進のためのソリューション

同じ目標に向けて共通のビジョンを持ち、スムーズな意思決定を促し、アイデア出しから製品ローンチまでのフローをさらにスピーディーに。Miro が製品開発ライフサイクルを通して分散したチームをまとめ、サポートします。

チームメンバーの理解を深める

プロジェクトのゴールに対する共通認識を持ち、インサイトを参考にしながら、高品質の製品開発を目指しましょう。

ワークフローの合理化

ワークフローに一貫性をもたらすことで、チームの垣根を超えた共同作業がよりスピーディーに。顧客が抱える問題にも迅速に対応できます。

Miro が製品開発チームに支持される理由

重要なミッションにフォーカス

Miro ボード内蔵のアプリやテクニカル ダイアグラムの作成機能、豊富なテンプレート ライブラリーのリソースを使って効率化を図り作業時間を削減。重要な問題にフォーカスする余裕ができます。Miro のツールを利用すればチームセレモニーの実施、プロセスのダイアグラム作成、ワイヤーフレーミングも簡単です。

ビジョンの共有

プランナーを通して組織が目指す目標を誰もが認識できる枠組みを作り、より良い意思決定を促します。ボード内の TalkTrack アプリを使って製品戦略や開発の進捗状況を共有しましょう。リモート環境にいても高品質でスピーディーな製品づくりに貢献できます。

顧客を中心に据えた製品開発

ロケーションに関係なくクライアントとのワークショップやインタビューを実施。顧客調査で得た情報やインサイトをいつでも共有できます。非公開モードや Miro アシストなどの機能を活用し、誰でもが製品開発に貢献できます。

顧客の声を反映

調査やインタビューから得たインサイトをビジュアル化して一元管理。組織全体でユーザーのニーズを把握することができます。関係者全員をボードに招待できるので、アイデアの共有がしやすくなり、作業の過程をいつでも確認できます。

関連テンプレート

カスタマージャーニーをマッピングし、スムーズな顧客体験を実現。

ユーザーや市場のニーズに自社製品がどの程度一致しているのかを確認できます。

製品ロードマップに沿って、複数部門からなる大規模な製品チームを連携させます。

革新的でよりスピーディーなプロセスで、より良い製品を生み出します。

チームメンバーの自主性を高めましょう。

このワークショップで新しい機能を細分化し、新製品についての意見やアイデアを交換し、既存製品に関する四半期ごとのビジョン、 3 年構想を設定できます。

製品開発フローの全工程をサポートするソリューション

Miro は、プロダクトマネージャー、プロダクトデザイナー、UX デザイナー、エンジニア、マーケター、CPO 他、役職に関わらずどなたでも簡単に使えるオンライン共用ワークスペースです。関係者全員が同じビジョンと戦略のもとに作業を進めることができます。

ロードマップ

ロードマップを作成することで、プロダクトチーム間の戦略をビジュアル化し、依存関係を識別し、より大きなプランに合わせて調整できます。

詳しくはこちら

PI プランニング

Miro の包括的なツールセットを使って四半期ごとに製品開発プランの見直しができます。

詳しくはこちら

デイリー スタンドアップ

結果とアクションにフォーカスしたダイナミックな毎日のスタンドアップ会議を実践できます。

詳しくはこちら

カンバンツール

ひとつの共用スペースで、同じ方向性を目指してチーム作業を進めることができます。

詳しくはこちら

依存関係マッピング

依存関係マッピング

Miro の依存関係アプリを使って製品開発のプロセスを簡素化、合理化しましょう。依存関係のマッピングを行い共同作業の環境を整え、ワークフローのアジリティ強化につなげます。

詳しくはこちら

製品開発で Miro を活用する方法

1

エンドツーエンドのサポート

製品開発の計画やスプリントプランニング、デイリースクラム、スプリントレビュー、ふりかえりなど、製品開発ライフサイクルの作業全般において Miro をご利用いただけます。カンバン上で作業をビジュアル化して管理し、大規模な製品計画ワークショップを開催しましょう。

2

製品開発プロセスを効率化

Miro 搭載の機能を使って、工数見積、依存関係のマッピング、非公開のふりかえり、プロダクトプランニングを含むエンドツーエンドのワークフローを管理。Jiraとの双方向同期でさらにパワフルに。

3

共同作業でワイヤーフレーム作成

モックアップも簡単に作成でき、即時にフィードバックできるため、アイデア出しから実行までの反復のサイクルがさらに加速します。ニーズに合わせたツールを使って、次の大きなプロジェクトに挑みましょう。

Miro が製品開発チームをサポート

Miro はブレインストーミング、プランニング、データ分析といった作業をひとつの場所で実行できる、コラボレーションを可能にするデジタルワークスペースです。ユーザーストーリー マッピングやワイヤーフレーム、ロードマップなど製品開発に役立つテンプレートやツールを利用すれば、アイデアや情報を簡単にビジュアル化できます。新製品の開発から既存製品の改良まで、Miro はお客様のニーズに合わせてフレキシブルに対応できるプラットフォームです。

さっそくボードで作業をスタート

Miro で作業の効率アップに成功した世界中の何千ものチームに、今日から仲間入り。