Homestrategic planningwhat is lean canvas

リーンキャンバスとは?新規事業やスタート アップに役立つフレームワークについて解説

リーンキャンバスについての画像

リーンキャンバスとは?

リーンキャンバス(Lean Canvas)とは、「Runnig Lean(ランニング・リーン) 実践リーンスタートアップ」の著者で起業家で知られるアッシュ・マウリャ氏が 提唱したフレームワークです。

リーンキャンバスはビジネスの場でよく使用される「ビジネスモデルキャンバス」から スタートアップビジネスに必要のない箇所を省力したフレームワークであり、9つの項目 から構成されています。

ビジネス計画におけるリーンキャンバスの重要性

リーンキャンバスは、ビジネス計画においてビジネスモデルを明確に理解し、潜在的な 落とし穴を早期に特定することに役立ちます。

リーンキャンバスではよりスタートアップにとって重要な顧客・課題・製品などに フォーカスを当てているため、効果的な戦略の策定が可能です。

リーンキャンバスを使うメリット

リーンキャンバスには以下の5つのメリットが存在します。

‎‎

  • 短時間で作成できる

  • いつでも修正できる

  • ビジネスモデルを俯瞰できる

  • 理解しやすい

  • 企画書の作成に役立つ

以下で5つのメリットについてさらに見ていきましょう。

短時間で作成できる

リーンキャンバスはとてもシンプルな構造でできているため、誰でも簡単に項目を 埋めていくことができます。

いつでも修正できる

必要に応じて柔軟に修正(ブラッシュアップ)できる点もリーンキャンバスを作成する メリットの1つです。

ビジネスモデルを俯瞰できる

リーンキャンバスでビジネスモデルの構築と可視化に役立つフレームワークです。

1つのフレームワーク内にビジネスの基礎となる情報を入れておくだけで、誰でも一目で ビジネスモデルを把握することができます。

理解しやすい

リーンキャンバスでは1つのフレームワークにビジネスモデルの要点がまとめられているため、 ステークホルダーとビジネスの本質についてコミュニケーションが取りやすくなります。

企画書の作成に役立つ

ユーザー調査をするときにもリーンキャンバスをもとに企画書を作成することができます。

ユーザーがビジネスの内容をより理解することで、インサイトのあるフィードバックを 回収することができ、PDCAサイクルもより回しやすくなるというメリットがリーン キャンバスにはあります。

リーンキャンバスの構成要素と書き方

リーンキャンバスの力を最大限に引き出すには、リーンキャンバスを構成している要素 について知ることが不可欠です。

このフレームワークを構成する各要素は、ビジネスモデルと戦略を策定する上で重要な 役割を果たします。

以下でリーンキャンバスの構成要素をコツ(書き方)と共にご紹介します。

顧客がかかえる課題

このセクションでは顧客がかかえる課題にフォーカスを当てましょう。顧客課題を 明確化することで、顧客ニーズをより理解することができます。

顧客課題を明確化するときのコツ

  • 顧客のペインポイントを定義する

  • 課題を簡潔に説明する

ソリューション

リーンキャンバスの「ソリューション」では明確化した課題に対する解決策に焦点を 当てます。これには、ターゲット顧客のペインポイントに対する製品やサービスの情報を 記載します。

ソリューションを記載するときのコツ

  • 自社のユニークなソリューションを提案できるようにする

  • 顧客に対する「価値提案」について考える

‎圧倒的な優位性

競合他社に対して自社製品が圧倒的に優れている機能や特徴について説明しましょう。競合他社に対して自社が製品以外で優れていると思う特徴を考えてみましょう。顧客のリストやマーケットリーダーとしてのイメージ、インフルエンサーとのネットワークなどが例として挙げることができます。

圧倒的な優位性について考えるときのコツ

  • 自社のユニークなアセットについてブレインストーミングする。

  • ビジネスでいつでもそのアセットを利用できるかについて考える。

主要指標

主要指標はビジネスの進捗状況を追跡するための測定基準として機能します。この指標を 定義することで、実施した戦略の進捗と効果が測定しやすくなります。

主要指標を設定するときのコツ

  • 追跡に必要な主要指標を詳しく定義する

  • 進捗を測定するためのデータポイントの特定

▼ 関連ページ ‎KPIとは?KGIやOKRとの違いや設定方法を簡単解説独自の価値提案

このセクションでは自社の製品やサービスを他社と差別化する価値提案について 説明しましょう。

競合他社と比較して自社製品がより顧客にとって魅力のある価値とは何かを考えること が重要です。

価値提案を考えるときのコツ

  • 差別化要因は何かを考える

  • どのように優れた価値を提供できるかを説明する

チャネル

「チャネル」のセクションではターゲット顧客層に製品を提供するための流通チャネルや コミュニケーションチャネルをリストアップします。

これには、ターゲット顧客との効果的なエンゲージメントを可能にする戦略とプラット フォームを選択することが大切です。

チャネルを計画するときのコツ

  • 自社製品やサービスの属性に合ったチャネルの特定

  • ターゲット顧客に情報を届けるための戦略について考える

顧客セグメント

ここでは顧客セグメントについて定義します。顧客セグメントを定義することで、 顧客ニーズをより明確に理解することでき、より価値のある製品やサービスを提供すること ができるようになります。

ペルソナ作成ツールなどを使ってみると、顧客セグメントがよりイメージしやすくなります。

顧客セグメントを設定するときのコツ

  • 顧客のプロフィール・ペルソナをイメージする

  • 根底にある顧客ニーズをしっかりと理解する

コスト構造

コスト構造はビジネスモデルに関連するコスト要素の分析に役立ちます。ビジネス運営に 必要な経費を特定し、潜在的なコスト削減策をにもコスト構造の情報を活かしましょう。

コスト構造を計画するときのコツ

  • コスト要素を理解する

  • 潜在的なコスト削減策の特定

収益の流れ

リーンキャンバス内の「収益の流れ」では、ビジネスが収益を生む様々なシナリオについて 定義します。

潜在的な収益化戦略を分析し、最も効果的なアプローチを特定できるようにしましょう。

収益の流れを考えるときのコツ

  • 収益を生み出すさまざまな方法を探る

  • 収益化戦略について考える‎

まとめ

リーンキャンバス(Lean Canvas)とは、「Runnig Lean(ランニング・リーン)実践 リーンスタートアップ」の著者で起業家で知られるアッシュ・マウリャ氏が提唱した フレームワークであり、主に新規事業の立ち上げに活躍するフレームワークです。

9つの構成要素を埋めることで、ビジネスモデルを簡単に俯瞰することができ、潜在的な 問題の特定にも情報を役立てることができます。

また、リーンキャンバスではよりスタートアップにとって重要な顧客・課題・製品などに フォーカスを当てているため、効果的な戦略の策定が可能になります。

そんなリーンキャンバスを新規事業の立ち上げに明日から使ってみてはいかがでしょうか?

Miro のリーンキャンバス

オンラインワークスペースとして活躍する Miro ではビジネスに役立つ業務効率化ツールや リーンキャンバステンプレートが無料でご利用いただくことができます。

また、チームやクライアントとオンラインでリアルタイムの共同作業ができるため、 情報共有や情報の一元管理にも Miro が活躍します。以下のリンクから製品ページを ご確認ください。

Miro の業務効率化ツールMiro のリーンキャンバステンプレートMiro のリーンUXキャンバステンプレート

新しい働き方を Miro で実現しましょう!

Miro はチームで課題を解決し、新しいアイデアを発見するための「ワークスペース」です。