ホームenterpriseaccount administration

エンタープライズグレードの充実したアカウント管理機能

必要な時にニーズに合ったツールをユーザーに提供。一元化されたエンタープライズグレードの管理ツールで、自由自在に拡張できます。日々の管理作業を自動化し、組織内外の共同作業を安全な環境で実行できるようサポートします。

デモをチェック

Miro は世界で 5,000 万人が利用しています

実際のニーズにあわせてフレキシブルに対応

フレキシブル ライセンス プログラム(FLP)により、組織の規模に関係なく自在にライセンスを調整できます。前払いや追加請求は発生しない明快なシステム。四半期ごとに無制限のライセンスを取得できます。

大規模なユーザーおよびライセンス管理

数千人におよぶユーザーのアクセス権限管理もシンプルです。アプリ内から、または API やインテグレーションにより、ユーザーのライセンスを一括管理できます。

一元化されたコラボレーション設定

データの共有、コンテンツ、招待といった設定を一元管理し、ユーザー設定を組織全体で標準化できます。

ユーザー管理をサポートする Miro の主要機能

自動プロビジョニング

SCIM(クロスドメイン ID 管理システム)により ID プロバイダー(IdP)を介して、ユーザーのライフサイクル管理を自動化し、ユーザーのプロビジョニングやその解除を効率化できます。また、ジャストインタイム プロビジョニングを使って、必要に応じて確実にアクセスを付与することも可能です。

ユーザー管理

一か所に統合されたシステムにより、わずか数回のクリックでユーザー全員のアクセス権限を管理できます。役割とライセンスの割り当て、異なるチーム間でのユーザーの移動、共有設定も一括で実施し、処理にかかる時間を短縮できます。

ドメインコントロール

コラボレーション環境を改善するには、会社でひとつのサブスクリプションを管理することが最善です。アカウントでまとめてコンテンツを保護し、セキュリティー コンプライアンスも簡素化できます。ドメインコントロールを使えば、ユーザー全員をひとつのアカウントで管理することも可能になります。

ワークフローのスリム化

APIとインテグレーションにより管理タスクを効率的に自動化することで、時間とリソースを節約できます。

関連テンプレート

管理、開発、マッピング 、ダイアグラム作成

アジャイル手法、ロードマップ、アジャイル ワークフロー

プレゼンテーション、教育、戦略、プランニング

ダイアグラム作成、リサーチ、デザイン、運営、戦略、プランニング

ダイアグラム作成、アジャイル ワークフロー、管理

デスクリサーチ、マッピング、プロダクト管理

サブスクリプション管理もかんたん安全

Miro は、安全性に配慮したユーザー管理機能ほか、シームレスなコラボレーションを可能にする充実のツールをご用意しています。信頼のあるエンタープライズグレードのセキュリティーとコンプライアンスに加え、一か所に統合された便利な管理機能をご活用いただけます。

アプリとインテグレーション

主要セキュリティー サービスとのインテグレーションにより、大規模な Miro のデプロイメントや管理、保護が円滑に行われるよう支援します。

詳しくはこちら

デプロイメントガイド

「Enterprise 管理者用デプロイメント ガイド」には、使用上のベストプラクティスと推奨設定が記されています。

詳しくはこちら

セキュリティー

事業のあらゆる側面で生じるリスクを回避。信頼のエンタープライズグレードのセキュリティーを提供します。

詳しくはこちら

Enterprise 向けライセンス

フレキシブルなライセンス契約オプションや、外部ゲストユーザーの招待機能により、社内外の関係者との共同作業が可能です。

詳しくはこちら

ユーザー管理

ユーザー数が数十でも数千でも、ご利用プラン内のユーザーのアクセス権限を簡単に管理できます。

詳しくはこちら

ご利用開始手順

1

お問い合わせ

Enterprise プランの導入をお考えの皆さま、料金やセキュリティー他、ご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。Miro のイノベーションを味方につけて、ビジネスを拡大しましょう。

2

サブスクリプションの設定

Miro が提供するエンタープライズグレードのセキュリティー機能、大規模な管理、高度な管理者向け制御機能を、さっそく設定しましょう。使用上のベストプラクティスについては、「デプロイメント ガイド」および Miro アカデミーの管理者オンボーディングコースをご参照ください。一度にすべて設定する必要はありません。

3

ユーザーのオンボーディング

ひとつのサブスクリプションで、組織内外のユーザーをすべて管理できます。異なる部署やプロジェクトの関係者とのコミュニケーションを円滑化し活発なコラボレーションを促します。はじめは Miro を使いこなせるようにシステムに慣れることも大切ですが、Miro で確実に成果をあげるスキルをつけることが重要です。オンボーディング テンプレートや Miro アカデミー、ヘルプセンターなどのリソースを使うよう、ユーザーに提案しましょう。

よくある質問

Miro Enterprise は他の Miro のプランとどう違うのですか?

Enterprise プランでは、安全なコラボレーション環境やコンテンツのセキュリティーを確保できるよう、最も堅牢な機能を備えています。数千人におよぶ大規模なユーザー管理に加え、Miro の管理者向けインテグレーションにより、他の IT システムとのプラグインも可能です。Enterprise プランは、複数のチームやプロジェクトで協働してイノベーションを目指す組織に最適です。

さらに詳しく

ガイド

Enterprise 管理者のためのオンボーディング ガイド(英語)

ヘルプセンター

チームとユーザーの管理方法を完全マスター

ブログ

Miro で SaaS 管理機能を使用するには(英語)

ヘルプセンター

新規 Miro 管理者向けガイド

オンボーディングもスピーディー

世界中で数千社が Miro を活用