75210f9c

作業用 5-Day デザインスプリント

課題を解決し、新しいアイデアを検証する 5 日間のプロセス。

リモート作業用 5-Day デザイン スプリント公式テンプレートについて

デザインスプリントとは?

デザインスプリントは、わずか 5 日間でプロトタイプを作成し、検証することを大きな目標として目指してます。一週間のスケジュールを確保して小規模チームを編成し、実績のあるチェックリストを使用して順序よく、課題の解決からソリューションの構築までをスムーズに進めます。まさに未来を先読みするようなものです。

デザインスプリント用テンプレートを使用する理由

デザインスプリントに関する本を文字通り書いた専門家が、Miro のためだけにこのテンプレートを作成してくれました。まず、Design Sprint Ltd のファシリテーターであるステフ・クルション氏が、代理店の物理的なデザインスプリントの経験を集め、リモート環境で効率良く楽しめる方法を模索しました。同時に、Google 社のこの手法のクリエイターである、ジェイク・ナップ氏とジョン・ゼラツキー氏が、ジャッキー・コルバーン氏と協力して、5 日間のリモートデザインスプリントを実行する詳細なガイドを書き上げました。

彼らは協力してリモートスプリント用にこの公式テンプレートを作成し、個人的には明確な指示を書くことに労力を費やし、スプリントの本には掲載されていませんが、ワークショップの一環である新しい演習も追加しました。このテンプレートは、その本と連携して、100% リモートの素晴らしいデザインスプリントを実行するのに役立ちます。

デザインスプリント用テンプレートの使用方法

デザインスプリント用テンプレートは、想像よりも簡単にご使用いただけます。よくあるやり方は、ファシリテーターが、イベントの準備作業に加えて、マップ作成、スケッチ、決定、プロトタイプの作成、検証など、その日の大きな目標を達成できるよう参加者を導く方法です。

デザインスプリントへの参加に慣れていない人にとって、最大の課題のひとつは、プロセスを信頼することでしょう。時には圧倒されるかもしれませんが、それはプロセスの一部なので、すべて上手くいくことを忘れないでください。

Miro のホワイトボードツールは、リモートまたは対面でデザインスプリントに用いるのに最適なキャンバスです。次のスプリントの準備を行っているときに、このツールを使用する 1 つの方法を以下に示します。

  1. まずこのデザインスプリントテンプレートを選択しましょう。

  2. ツール、準備、円滑な進歩、戦術変更のアドバイスに関しては、こちらをお読みください。

  3. スプリントに名前を付けます。例えば、「ユーザーの登録フロー」。

  4. スプリントの目標を明確にします。例えば、「登録時のユーザー体験を改善すること」。

  5. 適切な人材を部屋に集め、チーム内で役割を割り当てます事前にファシリテーターと決定者の役割を明確にし、概要を説明しましょう。

  6. 次に、始める準備はできているので、このテンプレートを使ってセッションに参加しましょう。

チームを招待して、コラボレーションを始めます。有力な企業と完成品を共有することを忘れないでください。このプロセスについて全員に伝え、トピックについて検討したことや学習したことを理解するのに役立てましょう。

作業用 5-Day デザインスプリント

このテンプレートで作業を開始する

関連テンプレート
product-market-fit-canvas-thumb-web
プレビュー

プロダクトマーケットフィット(PMF)キャンバステンプレート

活躍するシチュエーション:

マーケットリサーチ, 戦略プランニング, プロダクト管理

プロダクトマーケットフィット(PMF)テンプレートは、プロダクトチームが、製品デザインを提供して、顧客や市場のニーズを満たすのに役立ちます。このテンプレートでは、製品を 2 つの側面から見ていきます。1 つは、製品がユーザーのニーズにどう適合するか、そしてもう 1つは、完全にデザインされた製品が、市場の状況にどう適合するかを確認します。こうした指標を組み合わせることで、顧客が製品を使用し希望する方法から市場需要まで、製品を総合的に理解することができます。顧客と製品品質を並べて比較することで、ユーザーは、製品分野や重要な指標をより深く理解する必要があります。

プロダクトマーケットフィット(PMF)キャンバステンプレート
feature-planning-thumb-web
プレビュー

機能計画テンプレート

活躍するシチュエーション:

Desk Research, Agile Methodology, Product Management

機能は製品やサービスを改善しますが、新機能を追加することは簡単でありません。新機能の追加には、アイデア、設計、改良、構築、テスト、立ち上げ、宣伝などの多くのステップと関係者の協力が必要です。機能計画テンプレートを使用すれば、円滑かつ堅実な工程を作成できます。これにより、必要な時間やリソースを削減して機能の追加を成功に導くことができます。機能計画テンプレートは、製品、エンジニア、マーケティング、セールスなど、製品の新機能追加に携わるすべてのチームメンバーにとって賢い出発点になります。

機能計画テンプレート
dot-voting-thumb-web
プレビュー

ドット投票用テンプレート

活躍するシチュエーション:

意思決定, ミーティング, ワークショップ

ドット投票は、「付箋投票」、「ドットモクラシー(dotmocracy)」または、「ドットによる投票」としても知られおり、チームは一連のソリューションの課題を指摘することや、さまざまなオプションが提示された際に、タスクに優先順位を付けることができます。ドット投票は、デフォルトの「一配分」または「一票」ルールとは異なります。その代わりに、グループの各メンバーは、記入できる限り多くの投票(または「ポイント」)を提示することができます。こうした投票では、すべてを一つのアイデアに投票するか、複数のアイデア間で分けて投票することができます。チームがオプションに優先順位を付ける場合や、リスクの高いプロジェクトの方向性に合意する場合に、ドット投票を使用することができます。

ドット投票用テンプレート
Impact Effort Matrix Thumbnail
プレビュー

インパクト(影響度) / エフォート(労力)マトリクス

活躍するシチュエーション:

プロジェクト管理, 戦略プランニング, 優先順位付け

成長中の組織では、非常に多くの To Do を抱えており、たったの 1 日(あるいは大きなローンチ前の数週間だけ)でそのすべてをこなさなければいけないことがあります。そこで登場するのがインパクトエフォートマトリクスです。これは、タスクに優先順位を付け、実行すべき価値のあるタスクを正確に把握するための簡単な視覚的ガイドを提供します。インパクトエフォートマトリクステンプレートを使えば、タスクを次の 4 つのカテゴリーに整理することができます。労力の少ないクイックウィン、長期的な効果が期待できるが労力を要するプロジェクト、労力は少ないが効果の低いフィルイン、時間がかかるが効果も少ないタイムウェイスターです。

インパクト(影響度) / エフォート(労力)マトリクス
crazy-eights-thumb-web
プレビュー

クレイジー 8 テンプレート

活躍するシチュエーション:

Design Thinking, Brainstorming, Ideation

時には、ブレインストーミングを行い、チームの想像力を発揮するのに、できるだけ短時間で、できるだけ多くのアイデアを考える必要がある時もあります。クレイジー 8 では、これを素早く簡単に実行します。このスケッチブレインストーミングでは、質より量を優先させて、8 分間に 8 つのアイデアを出すことに挑戦するので、アイデアについて議論している時間はありません。これは、開発の初期段階で、スピーディーに楽しみたいチームに最適です。

クレイジー 8 テンプレート
Service Blueprint Thumbnail
プレビュー

サービスブループリント

活躍するシチュエーション:

デスクリサーチ, オペレーション, マーケットリサーチ

1984年にリン・ショスタック氏によって考案されたサービスブループリントは、顧客の視点から製品・サービスのプロセスを理解し、改善することに非常に役立つツールです。サービスブループリントにより、新しいプロセスを設計したり、既存のプロセスを改善したりすることが容易になります。サービスブループリント作成では、社内の関係各所や、第三者ベンダーまで、顧客体験に貢献する各プロセスと関係者をマップ化します。

サービスブループリント